NULL 第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞) | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

2020.3.9

自由な視点と発想を持つ現代作家の作品が集結!

栄えある入賞作とは?

 

岡本太郎美術館にて、「第23回岡本太郎現代芸術賞」展が開催中です!

 

「第23回岡本太郎現代芸術賞」展

 

岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を見つけ、広めるために設立されました。

今年で23回目をむかえる本賞では、452点の応募があり、創23名(組)の作家が入選をはたしました。

 

 

記念すべき岡本太郎賞受賞作品は?

 

 

第23回岡本太郎賞は、野々上聡人さんの《ラブレター》です。

自分自身を「物を作り出す喜びにアディクトした猿」と表現する野々上さん。これだけの制作は、すべて独学で行ってきたそうです!

「作ることは生きること」。作家がそそぐすべてがここにあります。

 

 

注目作品が続々!

岡本敏子賞受賞作品は?

 

 

こちらは根本裕子さんの《野良犬》。岡本敏子賞を受賞しました。

17頭の野良犬が本物そっくりに作られています。シミや傷、皮膚のシワや毛並みまでリアルで、今にも動き出しそう!

自分の「場所」を守るように群れを作る野良犬たちは、大迫力ですよ。

 

 

特別賞から入選作品まで、写真撮影可能!

 

本展は作品の撮影が自由!

絵画、彫刻、インスタレーションなどなど、多彩な手法の作品を一堂に観ることができます。

お気に入りの作家を見つけてくださいね♪

 

 

“べらぼうに”パワーのある作品が選ばれる本賞。会場に入ると、作品のもつ魂に圧倒されること間違いなし。

ぜひ生で見てほしいです!

 

 

Information

展覧会名:第23回岡本太郎現代芸術賞

会場:川崎市岡本太郎美術館

会期:2020.02.14〜2020.04.12

公式サイト:http://www.taromuseum.jp/

 

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

 

Editor  三輪 穂乃香

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP