NULL 安野モヨコ展 ANNORMAL[アンノーマル]/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

安野モヨコ展 ANNORMAL[アンノーマル]

2020.7.15

デビュー30周年記念の超豪華展覧会!

500点の作品原画から安野モヨコの魅力に迫る

 

世田谷文学館で、「安野モヨコ展 ANNORMAL[アンノーマル]」が開催中です。

 

安野モヨコ作品に入り込むような展示室入口

 

安野モヨコ(1971~)は『ハッピー・マニア』『花とみつばち』『さくらん』『シュガシュガルーン』『働きマン』など、少女漫画から青年漫画と幅広く活躍する漫画家です。

 

デビュー30周年を記念した本展では、500点におよぶ作品原画を「女/男」や「荒/和」、「美/醜」、「夢/現」などのテーマに分けて展示。高校3年生で漫画家デビューした安野モヨコの格闘の軌跡をたどる展覧会です。

 

美しいカラー原画がずらり!ファン必見です

 

『さくらん』の舞台である遊郭を連想させる展示空間!

 

ストーリーの躍動感ももちろん、扱うテーマも幅が広い安野モヨコ作品。その特徴を挙げていくと、真っ先に思いつくのは「男女」です。

 

安野モヨコ作品では、女性側から見た男性、男性側から見た女性が、それぞれにとって謎めいた存在として描き分けられています。

 

 

『ハッピー・マニア』の展示コーナー

 

また、ストーリーに合わせた魅力的な展示室内はすべて撮影OK!

それぞれの作品の代表的な場面が展示されていて、まだ安野モヨコ作品に触れたことがない人も楽しめる展覧会です。

 

安野モヨコの着物も展示!

 

安野モヨコの着物

 

見かけて気に入ったアンティーク着物のサイズが小さかったので、柄を自分でおこして作ったという、私物の着物も展示されています。

 

安野モヨコの着物(部分)

 

洗練されているのにかわいらしい、安野モヨコならではの柄ですね!

 

ちいさな発見! 癒される『オチビサン』の世界

 

オチビサン』は、紙版画の技法(ボショワール)をアレンジした独自の技法で、豆粒町(まめつぶちょう)に暮らすオチビサンと愛らしい仲間たちの日常を、四季の移ろいとともに描いた作品です。

 

『オチビサン』の展示

 

朝日新聞、AERAと掲載媒体を移しながら12年にわたり連載が続きました。

 

展示室内でまったりくつろぐオチビサンたちもいます! こちらはフォトスポットになっています。

 

『オチビサン』のフォトスポットも!

 

体調不良による休筆期間を経て、現在はファン待望の『ハッピー・マニア』の続編となる『後ハッピーマニア』の連載もスタートし、漫画家としての活動を再び本格化させている安野モヨコ。

 

もっと知りたいという方には、展覧会公式図録がオススメ♪ こちらは世田谷文学館ミュージアムショップのほか、オンライン購入も可能です。

 

世田谷文学館ミュージアムショップ

 

information

展覧会名:安野モヨコ展 ANNORMAL[アンノーマル]

会場名:世田谷文学館

会期:2020.07.01〜09.22

開館時間:10:00~18:00(展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで)

休館日:月曜日(8/10と9/21は開館)、8/11

料金:一般 800円、65歳以上、高校・大学生 600円、小・中学生 300円、障害者手帳をお持ちの方 400円

※「日時指定前売券」が必要です。コチラから購入可能です。(文学館では扱っておりません)

展覧会詳細ページ:https://obikake.com/exhibition/10118/

文学館公式サイト:https://www.setabun.or.jp/

展覧会公式サイト:https://annormal.annomoyoco.com/

※感染症対策が実施されています。来館前に必ず美術館公式サイトをご確認ください。

安野モヨコ図録「ANNORMAL」

著者:安野モヨコ

単行本: 304ページ

出版社: 小学館 (2020/5/7)

価格:2,970円(税込)

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

OBIKAKEをフォローする

Editor  静居 絵里菜

【編集後記】安野モヨコさんの幅広い活躍が展覧できる本展。ますますファンになりました!

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP