NULL おいしい浮世絵展/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

おいしい浮世絵展

2020.7.28

日本の豊かでおいしい食文化!

浮世絵を通じて紹介する展覧会

 

森アーツセンターギャラリーで、「おいしい浮世絵展」が開催中です。

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

 

江戸時代後期、江戸文化が発展するとともに、人々は「食する」ことを人生の楽しみとして謳歌するようになりました。

 

本展では、浮世絵そのものの紹介とあわせて、江戸の豊かな食文化や、当時の料理書などを展示します。

 

 

四季を満喫する江戸っ子たち

 

日本の四季は、今も昔も変わることなく人々を魅了しています。

桜や梅雨、十五夜に雪など。変化する季節の中で、人々は「食」を楽しむことも忘れませんでした。

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

展示風景より、三代歌川豊国(国貞)《十二月の内 小春 初雪》虎屋文庫蔵

 

冬をテーマに描かれた《十二月の内 小春 初雪》では、焼き芋を売る店が描かれています。

当時の冬は、隅田川が凍ることもあったそう! 道を歩く人は、さつまいものあのほくほく感を求めたのでしょうね!

 

 

誰もが憧れた江戸のエンターテイメント!

 

江戸時代、庶民の心をつかんだ「歌舞伎」。

当時の歌舞伎は、上演時間が早朝から日暮れまでととても長く、お客たちは芝居小屋で菓子・弁当・すしなどを食べていたそうです。

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

展示風景より右、三代歌川豊国(国貞)

《ふき屋町市村座大入あたり振舞楽屋之圖》味の素食の文化センター蔵

 

こちらは、人気役者たちが楽屋でくつろぎ、お酒を楽しむ様子がにぎやかに描かれています。

歌舞伎に熱中する人々が、もっと役者のプライベートな姿も見たいと望むようになったことから、役者のオフの姿も描かれるようになりました。

彼らが実際にどんなものを食べていたのか、気になりますね。

 

 

おいしくて豊かな江戸の食卓

 

うなぎ、すし、天ぷら。どれも現代でも日本人が大好きなものですが、当時の江戸の人々にも広く愛されていました。

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

展示風景より右、歌川国芳《縞揃女辯慶(松の鮨)》味の素食の文化センター蔵

 

《縞揃女辯慶》(松の鮨)は、名店「松の鮨」のすしが描かれたものです。お皿には美味しそうな握りが盛られ、画面右下の子どもも待ちきれず、ねだっているようです。

 

私たちが今も慣れ親しむ「すし」。どんな味だったのか想像しながら浮世絵を楽しめます。

 

 

江戸の「名店」を味わう

 

江戸時代後期には、多くの料理屋が誕生しました。

有名浮世絵師による、人気の店を紹介するシリーズなどから、江戸の外食文化の発展を知ることができます。

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

展示風景より右、歌川広重《江戸高名會亭盡 両国柳橋 河内屋》

味の素食の文化センター蔵

 

『江戸高名會亭盡』は、江戸の有名な料理屋30店を取りあげたシリーズです。本作で描かれた河内屋では、隅田川を前に美しい風景を一望できました。

 

 

長旅のお楽しみも「食」!?

 

東海道が描かれたシリーズでもっとも有名なのが、歌川広重の『東海道五十三次』です。

その土地ならではのおいしいものを知ることができます。

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

展示風景より左、歌川広重《東海道五十三次之内 鞠子 名物茶店》

和泉市久保惣記念美術館蔵

 

《東海道五十三次》の20番目の宿場「鞠子宿(まりこしゅく)」を描いた本作(現在の静岡県)。

山々に囲まれた鞠子の名物は「とろろ汁」でした。松尾芭蕉もその味を俳句でたたえたそうです。

とても長い徒歩の旅、各地にある美味しいものが癒しだったのかもしれません。

 

 

江戸の「おいしい」がたくさんつまった本展。

展示室を出て同じフロア内にあるCafe THE SUNでは、江戸庶民の料理から着想を得た御膳や、浮世絵をイメージしたスイーツが楽しめます!

(※Cafe THE SUNのコラボメニューは9月4日(金)まで )

 

おいしい浮世絵展/展覧会レポート/森アーツセンターギャラリー

美味しそうでした!左上の巨大寿司が気になる!

 

「目」でも「舌」でも楽しめる、ユニークな展覧会です。

なお、本展では日時指定の予約制を導入しています。公式サイトをご確認のうえ、ご観覧ください。

 

 

Information

展覧会名:おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~

会場:森アーツセンターギャラリー

会期:2020.07.15〜2020.09.13

公式サイト:https://oishii-ukiyoe.jp/

※事前予約制

※感染症対策を実施しています。詳しくは、公式サイトをご確認ください。

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

 

OBIKAKEをフォローする

Editor  三輪 穂乃香

【編集後記】

おなかが空いているときに行くと、辛い(笑)。

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP