NULL 竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス

2020.9.29

魅力あふれる動物たちが勢ぞろい!

日本画でアニマルパラダイスを堪能♪

 

山種美術館にて、【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイスが開催中です。

 

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/山種美術館/展覧会レポート

展示風景

 

日本画家・竹内栖鳳(たけうち せいほう)は、その素晴らしい描写力で、動物画の名手として広く知られています。

本展は、竹内栖鳳の代表作《班猫》(はんびょう)のほか、動物表現を得意とする画家たちによる、個性豊かな動物画約60点を一堂に紹介します。

 

生きものの一瞬の動きを捉えた画家

 

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/山種美術館/展覧会レポート

竹内栖鳳《班猫》1924年 絹本・彩色

 

《班猫》は、旅先の沼津で見かけた猫を気に入り、連れ帰って描かれた一枚。伝統的な技法をとりながらも、まるで今にも動き出しそうな写実性・迫真性もあり、日本画の動物画のなかでも傑作のひとつです。

 

本作は、竹内栖鳳の代表作であり、山種美術館のコレクションの中でも人気の高い作品です。なお、約4年ぶりの特別公開だそう!細かい描き込みをぜひご覧になってみてください。

 

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/山種美術館/展覧会レポート

竹内栖鳳《鴨雛》1937年頃 絹本・彩色

 

幼い鴨たちが餌場に集う様子を描いた一枚。

栖鳳は、「動物を描かせてはそのにおいまで描く」と言われたほど、鋭い観察眼を持っていました。本作の、あどけない鴨の仕草や表情にも注目です。

 

近代日本のアニマルパラダイス

 

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/山種美術館/展覧会レポート

奥村土牛《聖牛》1953年 絹本・彩色

 

奥村土牛は、丑年生まれで雅号(がごう)「牛」の字を持っており、生涯多くの牛を描きました。

本作《聖牛》は、善光寺(長野)にインドから2頭の牛が贈られたと聞き、1週間かけて写生したものだそう。淡い色合いと温かみのある、土牛の作風がよく表れた1枚です。

 

*雅号・・・画家・文筆家などが、本名の他につける別名。

 

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/山種美術館/展覧会レポート

守屋多々志《駒競べ》1977年 絹本・彩色

 

「駒競べ」とは、2頭以上の馬を走らせて勝敗を競う乗馬競技のことで、南北朝時代の武者のあいだで盛んに行われました。

白馬に乗り、さっそうと走る凛々しく若い武者と、その周りの黒馬に乗る年上の武者たちとの対比がとても華やかです。

 

 

愛らしい犬や猫から、勇壮な馬や牛、ユーモラスなカエルまで、たくさんの生きものに日本画を通して出合える本展。日本画の繊細で美しい表現を、ぜひ生でご覧ください。

 

竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス/山種美術館/展覧会レポート

展示風景

 

Information

【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス

併設展示:ローマ教皇献呈画 守屋多々志《西教伝来絵巻》試作 特別公開

会場:山種美術館

会期:2020.09.19〜11.15

公式サイト:https://www.yamatane-museum.jp/

※事前に入館予約ができます。詳しくはコチラ

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

 

OBIKAKEをフォローする

Editor  三輪 穂乃香

【編集後記】

犬派なのですが、ちゃんとワンコもいます(笑)!

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP