NULL リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏

2020.10.8

日本美術鑑賞の裏ワザ鑑賞法?

古美術について、わかりやすく解説した展覧会

 

サントリー美術館で、「リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏」が開催中です。

 

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 サントリー美術館 OBIKAKE 展覧会レポート

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 展示風景より

 

近年、わたしたち現代人の「生活」は、いすやテーブルなど西洋風のものが多くなり、古来からの日本の生活と比べて大きく変化してきました。

 

古文も外国語のように感じる現代で、古美術品など日本人がかつて愛した「美」を、“どのように鑑賞したらいいか?”と、考える方も多いのではないでしょうか。

 

本展は、そのような悩みを解消するべく、サントリー美術館の学芸員たちが「生活の中の美」の“愉しみ方”に焦点をあて、同館の個性ゆたかな収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根差した作品を紹介する展覧会です。

 

 

清涼感ある、円山応挙が描いた作品

 

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 サントリー美術館 OBIKAKE 展覧会レポートリニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 展示風景より
青楓瀑布図 円山応挙 一幅 江戸時代 天明7年(1787) サントリー美術館【全期間展示】

 

展覧会のトップバッターを飾る作品は、円山応挙の「青楓瀑布図(せいふうばくふず)です。

本展のメインビジュアルにも使用されています。

 

近づいてよーく観てみると、下に描かれた黒い岩に波があたり、水しぶきが飛んでいるようすが描かれているなど、まるで滝のそばに立っているような臨場感があります。

 

ゆるっとカワイイ!「かるかや」ってなんだろう?

 

日本美術好きにファンが多い「かるかや」は、近年、素朴絵の代表作として、さまざまな展覧会で引っ張りだこの人気作です。

 

おびかけ編集部も大好きな「かるかや」。どんな作品なのか、皆さんにお伝えします!

 

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 サントリー美術館 OBIKAKE 展覧会レポートリニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 展示風景より
かるかや 室町時代 16世紀 サントリー美術館【全期間展示】

 

本作は、説教節(*)「かるかや」のテキストに、絵を加えて作られた上下2冊の絵本です。

絵画化された説教としては、現存最古のものと推定されています。

 

*説教節(せっきょうぶし):中世末から近世にかけて行われた語り物芸能の一つ。仏教の説経を庶民でもわかりやすいように、節をつけて音楽的に語られるようになったものです。

 

「かるかや」が同館で展示されるのは、2012年の展覧会以来の公開とのこと。当時は、まだ修復前だったため、展示は見開き2ページのみでした。

本展では、修復を終えて折り本を伸ばした、上下冊ともに約6.5mの場面が展示されています!

 

 

担当学芸員も思わず大興奮? 作品の多彩な表情にも注目!

 

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 サントリー美術館 OBIKAKE 展覧会レポート

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 展示風景より
壺 銘 野分 信楽 一口 室町時代 15世紀 サントリー美術館【全期間展示】

 

信楽焼の「壷 銘野分(つぼ めいのわき)」は、これまであまり展覧会で活躍するチャンスのなかった作品で、同館の学芸員のあいだでも、知る人ぞ知る作品だそうです。

 

本展への出品のため、作品を改めてじっくり見返したところ、次々とあらわれる多彩な表情に、3人の担当学芸員全員が声を出して大興奮したんだとか!

 

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 サントリー美術館 OBIKAKE 展覧会レポートリニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 展示風景より

 

担当学芸員の感動を追体験できるよう、展示では作品を360度どの角度からでも見られるよう、工夫されています。

 

小中学生向け「わくわくシート」

 

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 サントリー美術館 OBIKAKE 展覧会レポートリニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏 わくわくシート 各種

 

わくわくシート」は、シートに書いてあるミッションをクリアしながら、鑑賞が楽しめるツールです。

 

親子で鑑賞する際は、ぜひこちらも活用してみてください!

なお、シートに書きこむ場合は、えんぴつを使用し、壁や展示ケースにおいて書かないように、ご注意ください(バインダーなど用意すると◎)。

 

本展の展示品は、写真撮影OKです!

ハッシュタグ「#日本美術の裏の裏」をつけて、SNS上にアップしてみてはいかがでしょうか?

 

information

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏

美術館名:サントリー美術館

会期:2020.09.30〜11.29(会期中、展示替えあり)

開館時間:10:00~18:00
※金・土および11月2日(月)、22日(日)は20:00まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日:火曜日(ただし11月3日、24日は18:00まで開館)
※休館日はshop×cafeも休業

料金:一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料

展覧会詳細ページ:https://obikake.com/exhibition/12171/

公式サイト:https://www.suntory.co.jp/sma/

※感染症対策が実施されています。来館前に必ず美術館公式サイトをご確認ください。

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

OBIKAKEをフォローする

Editor  静居 絵里菜

【編集後記】

鑑賞が難しい古美術を、ていねいに紹介している本展。ぜひ、親子で楽しんでほしいと思いました!

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP