NULL 京都・岡崎公園で「CONNECT⇄ 」展が開催中!/ニュース | OBIKAKE(おびかけ)

ニュース

京都・岡崎公園で「CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~」展が開催中!/ニュース

2020.12.9

さまざまな感性・特性を持つ人たちがつながるプログラム!

京都・岡崎公園内の文化施設で開催中です

 

京都・崎公園内各文化施設で「CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~」が開催中です。

 

OBIKAKE ニュース 京都府 岡崎公園 CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~展

 

「CONNECT⇄  」は、京都・岡崎地区にある府立や市立のミュージアムや劇場、図書館等が連携するプログラムです。

岡崎公園内各文化施設にて、12 月の「障害者週間」(12 月3日~ 9 日)にあわせた展示や、参加型イベントが開催されます!

 

ここでは、編集部が気になった展示・イベントをご紹介していきます。

 

京都国立近代美術館

 

【展示】「ねじれの巡礼」

 

OBIKAKE ニュース 京都府 岡崎公園 CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~展

 

心と身体、発達のリハビリテーション、精神病理学の領野に関わりながら作品制作、研究活動を展開してきたアーティスト・大崎晴地氏による新作を公開!

うちでたのしむ(オンライン)プログラムとして、フィールドワークをもとに書きおろした「八角巡礼 夢の領土」も紹介されます。

 

「ねじれの巡礼」の詳細

会期:2020.12.08~2021.01.24

開館時間:9:30~17:00(金・土曜は20:00まで)

会場:京都国立近代美術館1階ロビー

 

※「八角巡礼 夢の領土」の詳細は公式サイトをご確認ください。

 

 

京都市京セラ美術館

 

【展示】三人のガラス・リボン

 

OBIKAKE ニュース 京都府 岡崎公園 CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~展
三人のガラスリボン会場風景

 

東京や京都で障害のある人が集うアトリエ活動に参加する登坂京太郎さん平野智之さん米増初音さんの三人は、それぞれの生活の中で出会ったある人やモノをきっかけに、描くことに夢中になりました。

本展示では、ユーモアある三人の作品世界を、京都市京セラ美術館内の透明感ある軽やかなデザインが特徴のファサード「ガラス・リボン」で紹介します。

 

【展示】美術館のどうぶつ園

 

OBIKAKE ニュース 京都府 岡崎公園 CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~展

「美術館のどうぶつ園」 アニメーション映像作品「みずのき動物園」

 

本展示では、映像作家・浦崎力が、障害者支援施設みずのき内の収蔵庫で動物の絵画と出会ったことをきっかけに制作した映像作品を紹介。
みずのき絵画教室で生まれた作品の中から動物を描いた作品を選び、それらのイメージを用いたアニメーションで動物園をつくり出します。

 

会期:2020.12.03~12.20

開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)

 

京都府立図書館

【展示】「ないをたのしむ展 -―ひねくれ編 ―」

 

OBIKAKE ニュース 京都府 岡崎公園 CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~展
「ないをたのしむ展 -―ひねくれ編 ―」展示風景

 

明治11(1878)年、日本で最初に設置した盲聾(もうろう)学校である、京都盲唖院(きょうと ろうあがくいん)。
京都府立図書館では、京都盲唖院で学んだ子どもたちのための教材・教具類のレプリカを展示するほか、特別支援教育の源流をたどるパネル展示が紹介されます。

 

また京都大学と連携し、さまざまな感覚で楽しめる特色ある展示も実施します。

 

大正期に同館で個展を開催したこともある竹久夢二(1884-1934)の挿絵本から、オリジナル「ぬり絵」も作成!

 

OBIKAKE ニュース 京都府 岡崎公園 CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~展
竹久夢二塗り絵イメージ

 

公式サイトから自由にダウンロード可能! 会期中は図書館内でもぬり絵を配布されます。

 

 

ひとりでも、だれかと一緒とでも、足を運んで楽しむもよし、自宅から参加するもよし。

人と人が「つながる」意味を、本プログラムを通して考えてみませんか?

 

その他、詳しい展示・イベント情報は、公式サイトをご確認ください!

 

 

 

Information

CONNECT⇄  ~芸術・身体・デザインをひらく~

会場:岡崎公園内各文化施設

会期:2020.12.03〜12.20

公式サイト:https://connect-art.jp/

OBIKAKEをフォローする

発信元  OBIKAKE編集部

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP