array(1) { [0]=> int(14125) } 『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展が、松屋銀座で開催!/ニュース | OBIKAKE(おびかけ)

ニュース

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展が、松屋銀座で開催!/ニュース

2020.12.27

『ねないこだれだ』をはじめとする絵本の原画展

期間限定コラボカフェにも注目です

 

松屋銀座にて「『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展」が開催中です。

 

 

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展 会場入口

 

せなけいこさん(1931-)は、『ねないこだれだ』や『めがねうさぎ』の作者として知られる絵本作家です。

 

本展では、代表作のひとつ『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念して、絵本デビュー作の「いやだいやだの絵本」4冊シリーズをはじめとする絵本原画や資料など、約250点を展示。

せなけいこさんの創作の全容を紹介する展覧会です!

 

デビュー作「いやだいやだの絵本」などの原画を展示

 

『いやだいやだ』 1969年 福音館書店刊 展示風景

 

せなさんは1969年、福音館書店の編集者・本多慶子さんとの出会いをきっかけに、「いやだいやだの絵本」シリーズ4冊を制作し、絵本作家としてデビューしました。

 

本作は、息子さんが好きなディック・ブルーナの「うさこちゃん」の続きをつくろうと、ポスターの裏紙を台紙に、包装紙やチラシといった身近な紙を貼り絵にした手づくり絵本がもとになりました。

 

手作り絵本 展示風景

 

「いやだいやだの絵本」のほか、「あーんあんの絵本」など各4冊シリーズの原画を展示。

貼り絵の手法を使って生み出させた、シンプルで温かみのある絵本原画を会場でお楽しみください。

 

人気シリーズ「めがねうさぎ」の原画も公開

 

『めがねうさぎ』 1975年 ポプラ社刊 展示風景

 

現在まで読み継がれている代表作の一つ「めがねうさぎ」シリーズの原画も展示されています。

 

本作は、めがねが必要になった小学生の息子さんが、楽しくめがねをかけられるようにという思いから生まれたそう!

 

誰かをおどかしたくてたまらないおばけと、うさこの楽しいやり取りに、心が温まります♪

 

約140種類のオリジナルグッズも!

 

ここでしか手に入らない、展覧会オリジナルグッズも販売されています。

 

グッズコーナー(グッズコーナーの入場には、展覧会入場チケットが必要です。

 

会場に展示されている原画のほぼ全てを収録した「展覧会公式図録」には、絵本作家デビュー前の紙芝居や幻燈(げんとう)の仕事も紹介されています。

ぜひ、お手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

期間限定コラボカフェ

 

コラボカフェメニュー イメージ

 

展覧会会期中、8階レストラン内 MGカフェにて、「せなけいこ展」とコラボレーションしたメニューも楽しめます!

 

本展に展示されている絵本をイメージした、かわいらしい料理になっています。写真撮影もお忘れなく!

 

会場には仕掛けも用意され、小さなお子さんも楽しめる展覧会になってます。

休業日は1月1日のみ。その他、年末年始の会場時間等については、公式サイトをご確認ください。

 

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展 展示風景より

展覧会名

『ねないこだれだ』誕生50周年記念
せなけいこ展

会期

2020.12.27~2021.01.12 開催終了

会場

松屋銀座8階イベントスクエア

※混雑の際、お待ちいただく場合や整理券を配布する場合があります。

※チケット購入の詳細は、松屋銀座の公式サイトよりご確認ください。

【毎日更新中!】OBIKAKEをフォローする

発信元  OBIKAKE編集部

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP