array(1) { [0]=> int(16653) } アーノルド・ローベル展/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念
アーノルド・ローベル展

2021.1.19

原画やスケッチ約200点を展示!

日本初の本格的なアーノルド・ローベル展です

 

企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 展示風景

 

ユーモアたっぷりな仲よしコンビ「がまくんとかえるくん」で知られる絵本作家、アーノルド・ローベル(1933-1987)。

ローベルは、幼い頃から絵やお話づくりが得意で、54年の短い生涯を閉じるまでのあいだに、約100冊の絵本を世に送り出しました。

 

本展は、エリック・カール絵本美術館との共同企画で、「がまくんとかえるくん」を中心とする約30冊の絵本を、原画やスケッチ約200点とともに紹介する展覧会です。

 

 

絵本「がまくんとかえるくん」

 

1970年、『ふたりは ともだち』からスタートした「がまくんとかえるくん」シリーズ

深い友情で結ばれたふたりのかえるのお話は、今なお世界中の人々に愛されているローベルの代表作です。

 


(左から)『ふたりは いっしょ』表紙下絵/『ふたりは いっしょ』第2話「はやく めを だせ」原画(左から:緑版・茶版・墨版)

 

「がまくんとかえるくん」シリーズの4部作『ふたりはともだち』、『ふたりはいっしょ』、『ふたりはいつも』、『ふたりはきょうも』から、スケッチ約100点を展示。こちらは日本初公開となる貴重な展示です。

 

企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展 展示風景

 

ローベルの絵本制作の舞台裏が分かる展示になっています!

ぜひじっくりとご覧ください。

 

 

隠れた名作のスケッチや原画も!

 

「がまくんとかえるくん」シリーズだけではない、ローベルの隠れた名作の原画やスケッチもあわせて展示されています!

 

企画展 (左から)Petrouchka(ペトルーシュカ/未訳)1955年頃/ジャイアント・ジョン 1984年

 

Petrouchka(ペトルーシュカ)』(写真左)は、ローベルが学生時代に作ったと考えられている、手作りの試作本です。

 

題材は、ストラヴィンスキーによるバレエ演目「ペトルーシュカ」。人形のペトルーシュカに命を吹きこみ恋を知る物語です。ローベルはその様子を、素朴であたたかみのあるタッチで描いています。

ローベルは、この試作本やスケッチなどでポートフォリオをつくり、仕事を求めて出版社をまわったそうです。

 

 

グッズや嬉しい展覧会特典も!

 

 

見ごたえバツグンの図録や、かわいいオリジナルグッズもPLAY! SHOPで販売されています。

展覧会の思い出に、購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

あわせて、来場者特典として「特製封筒入りオリジナルカード」(4種から1種をランダム)が配布されます。

「がまくんとかえるくん」が描かれたカードで、展覧会の感想を書いて、大切な人に送るのもいいかもしれません。

 

2月中旬からは、おはなしをモチーフにした「クッキー」が特典として配布されるそうです! こちらもお楽しみに!

 

 

ユーモアがあり、温かいローベルの世界に出会える本展。

会期終了後は、4/3~5/23にひろしま美術館へ、その後2022年春に伊丹美術館、東北へ巡回が予定されています。

 

 

OBIKAKE gifts

本展の招待券を5組10名様にプレゼント!

〆切は2021年2月10日23:59まで!

応募フォーム

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

展覧会名

企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念
アーノルド・ローベル展

会期

2021.01.09~2021.03.28 開催終了

会場

PLAY! MUSEUM

OBIKAKEをフォローする

Editor  静居 絵里菜

【編集後記】

心あたたまる「がまくんとかえるくん」シリーズの、制作の舞台裏など!

作者であるローベルさんにも迫った展覧会です。ぜひお近くの方は足を運んでみてください♪

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP