array(1) { [0]=> int(20999) } 今夏、パシフィコ横浜にて「Sony presents DinoScience 恐竜科学博」が開催!/ニュース| OBIKAKE(おびかけ)

ニュース

今夏、パシフィコ横浜にて
「Sony presents DinoScience 恐竜科学博」が開催!/ニュース

2021.7.7

世界一美しいトリケラトプスの化石が日本初公開!

幻の大地「ララミディア」に生息していた恐竜を紹介

 

パシフィコ横浜展示 ホールAにて、7月17日から「Sony presents DinoScience 恐竜科学博~ララミディア大陸の恐竜物語~2021@YOKOHAMA」が開催します。

 


イラストレーション 恐竜くん ©Masashi Tanaka

 

ララミディア大陸は、現在の北アメリカ大陸の西側にあったと言われている大陸です。

白亜紀の終盤、北アメリカ大陸ができるとともに消滅しました。その地層からは、現在もティラノサウルストリケラトプスをはじめ、数多くの化石が発見されています。

 

本展では、この幻の大陸「ララミディア」にフォーカスし、そこに生息していたさまざまな恐竜たちの実態に迫ります。

また、世界一美しいトリケラトプスの実物化石「レイン」を日本で初めて公開します!

 

 

トリケラトプスの実物化石「レイン」とは?

 

アメリカのヒューストン自然科学博物館に展示されてる、トリケラトプスの実物化石「レイン」

 

通常、トリケラトプスの化石は、その長い骨や横に長い特徴的な頭骨から、どこか欠けて発見されることが多いです。「レイン」は全長7m×高さ3m、ほぼ全身の骨格、大型の皮ふの痕が残った状態で発見された“奇跡の化石”といわれています。

 

※ヒューストン自然科学博物館所蔵

 

本展では、門外不出であった「レイン」を日本で初めて公開します!

貴重な機会をお見逃しなく♪

 

 

ティラノサウルスなど、人気の恐竜も展示!

 

最強の肉食恐竜であるティラノサウルスのほか、日本初公開となるモササウルス属の新種なども展示します。

(左)モササウルス/(右)ゴルゴサウルス

 

また、世界で初めて脳しゅようが発見されたゴルゴサウルスも紹介!

バラエティ豊かな骨格標本が、横浜に集結します。

 

 

オンラインツアーも開催!

 

 

 

実際に来場するリアルな体験に加え、また違った切り口でも楽しむことができる「オンラインツアー」も開催されます。

本展を企画・監修した”恐竜くん”(田中真士氏)による解説やクイズなどを交えた参加型ツアーなど、自宅にながら会場をより楽しむコンテンツが満載です♪

 

ツアーイメージ

 

オンラインツアー終了後には、公式グッズが購入できるオンラインショップ「DinoScience Online Store」を訪れることもできます。

 

「ダイナ荘びより」の限定コラボグッズをはじめ、図録展覧会オリジナルグッズなど、多数のアイテムを購入することができますよ♪

 

 

オンラインツアーのチケットは好評発売中!

詳しくは展覧会公式サイトをご確認ください。

 

 

ララミディアの大地を生きた恐竜や、生物を紹介する本展。

リアルはもちろん、充実したオンラインツアーでも楽しめる展覧会です。お見逃しなく。

 

★その他のニュースはコチラ

展覧会名

Sony presents DinoScience 恐竜科学博
~ララミディア大陸の恐竜物語~2021@YOKOHAMA

会期

2021.07.17〜2021.09.12

会場

パシフィコ横浜展示 ホールA

※本展は、政府や神奈川県、会場のガイドラインに沿って、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して開催します。詳細は公式サイトをご確認ください。

【毎日更新中!】OBIKAKEをフォローする

発信元  OBIKAKE編集部

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP