string(0) "" 図鑑の世界に入り込む体験型デジタルミュージアム「ZUKAN MUSEUM GINZA」がオープン!/ニュース | OBIKAKE(おびかけ)

ニュース

図鑑の世界に入り込む体験型デジタルミュージアム
「ZUKAN MUSEUM GINZA」がオープン!/ニュース

2021.7.20

「小学館の図鑑 NEO」シリーズの生き物が大集合!

図鑑のページをめくるワクワク感が体験できるミュージアムです

 

7月16日、東急プラザ銀座 6Fに「ZUKAN MUSEUM GINZA Powerde by 小学館の図鑑 NEO」がオープンしました。

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZAディープフォレストゾーン

 

小学館から発売されている大人気図鑑シリーズ『小学館の図鑑 NEO』。累計発行部数は約1,100万部を超える、同出版社の看板書籍として知られています。

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZA

 

本ミュージアムでは、『小学館の図鑑 NEO』シリーズからピックアップしたさまざまな生き物を、最新のデジタル技術で再現して紹介。

図鑑書籍だけでは伝えきれないリアルな生態系や、その生き物が暮らす自然が体験できるミュージアムになっています。

 

新感覚の体験型ミュージアム「ZUKAN MUSEUM GINZA」の魅力をご紹介します♪

 

 

5つのゾーンに住む生き物を、「記録の石」を使って探しに行こう!

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZA
(左上から)アントビューゾーン/ワイルドフィールドゾーン/アンダーウォーターゾーン/ウォーターフォールゾーン/ディープフォレストゾーン

 

生き物そのものを伝えることをコンセプトとする「ZUKAN MUSEUM GINZA」。動物や昆虫など、これまで『小学館の図鑑 NEO』で紹介された生き物たちが5つのエリアに登場します。

 

入り口に進むと、生き物たちを記録する「記録の石」というアイテムが渡されます。それぞれのエリアにいる生き物たちを、この石の中に記録していきます!

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZA

記録の石

 

記録の石はある程度、生き物に近づかないと反応してくれません。そのため、対象の生き物を驚かせないように近づくのですが・・・

そのときの警戒する姿やこちらに興味を示す姿がリアルに作られています!

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZA

 

これらの生き物たちのリアルな動きは、NEOのチームの協力のもとに作られました。

 

また本ミュージアム内で流れる時間は、1日を24分に凝縮しているとのこと!

朝、昼、夕方、夜と時間の経過とともに移り変わる風景に現れる、さまざまな生き物たちとの出会いを楽しむことができますよ♪

 

 

公式生き物図鑑に、出会った生き物たちを記録しよう!

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZA
公式生き物図鑑 700円(税込)

 

「ZUKAN MUSEUM GINZA」に現れるすべての生き物を収録した『公式生き物図鑑』は、「生き物思い出アルバム」というシールの台座がセットになっています。

 

本ミュージアム体験後に受け取ることができる「記録の証」を、併設するオフィシャルストア「memoria」へ持っていくと、「ZUKAN MUSEUM GINZA オリジナル生き物カード」が1枚もらえます。このカードについた生き物シールを、図鑑の台座に貼って記録していきましょう!

 

OBIKAKE ニュース 銀座 東急プラザ銀座 ZUKAN MUSEUM GINZA

 

「memoria」では、本ミュージアムのロゴを使ったキャンバストートや、かわいらしい生き物のぬいぐるみなど、多数のアイテムが販売されています。

こちらもぜひ、お見逃しなく!

 

 

地球の自然がギュッと詰まった「ZUKAN MUSEUM GINZA」。

自分の足で生き物たちと出会い、じっくりと観察して記録する、デジタル技術で貴重な体験が気軽にできるのでおすすめです♪

 

 

information

施設名称:「ZUKAN MUSEUM GINZA Powerde by 小学館の図鑑 NEO」
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 6F
営業時間: 11:00~20:00(予定)
休館日:東急プラザ銀座の休館日に準ずる(1/1と年1回の不定期休)
公式サイト:https://zukan-museum.com/
※その他、最新情報は公式サイトをご確認ください。

 

★その他のニュースはコチラ

【毎日更新中!】OBIKAKEをフォローする

発信元  OBIKAKE編集部

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP