NULL 2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

2019.12.23

群馬にて初開催!

世界最大規模の絵本原画コンクールの入選作品を展示

 

太田市美術館・図書館にて「2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」が開催中です。

 

 

 

イタリアの古都ボローニャで毎年春に開催される、国際的な絵本原画コンクール「The Illustrators Exhibition」

子どもの本のために描かれた5枚1組のイラストレーションを、キャリアを問わず誰でも応募できるので、新人イラストレーターの登竜門となっています。

入選作品とともに、「今」の絵本原画を深く知れる展示になっています。

 

それでは、編集部のお気に入りをご紹介します。

 

 

「まいごのうさぎ」

 

ミヤタ タカシ「まいごのうさぎ」1981年

 

こちらはまいごになったうさぎのお話。本を読んでも、大人に聞いても、自分がどこから来たのかを教えてもらえません。最後にうさぎはどこにたどり着くのでしょうか?

 

 

「数えてみよう」

クリスティン・ロスキフテ「数えてみよう」2018年

 

こちらは数える練習ができる絵本。右下の絵は、なんと“海岸に200人”! 根気強さも養われそうです。

 

 

「カクレカクノミ」

 

まえだ よしゆき「カクレカクノミ」1991年

 

こちらは絵の中に隠れている「カクレカクノミ」を探す作品。よく見ると、色んな場所にカクレカクノミが! 自然と“探す”感覚が身につきそう。

 

 

展示室で見た一部作品が読める絵本コーナーも!

 

展示風景

 

優れた児童書に贈られるボローニャ・ラガッツィ賞を受賞した絵本は、会場で手にとって読むことができます。

お気に入りがいっぱい見つかりそう!

 

 

版画や刺繍、写真など、現在の絵本はさまざまな手法で作られていました。けれど、いつの時代も子どもに教えたいことは同じなんだなあと、ほのぼのできる展覧会です。

もちろん大人もバッチリ楽しめます!

 

東京から始まり、本展の巡回は太田市美術館・図書館で最後です。お見逃しなく。

 

 

Information

展覧会名:2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

会場:太田市美術館・図書館

会期:2019.12.14〜2020.01.19

詳細:https://obikake.com/exhibition/6297/

 

OBIKAKE gifts

本展の招待券を5組10名様にプレゼント!

〆切は12月26日23:59まで!

応募フォーム

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

 

 

Editor  三輪 穂乃香

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP