NULL 北斎師弟対決!/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

北斎師弟対決!

2020.2.13

孫弟子含め200人!?

北斎の弟子にフォーカスしたユニークな展覧会

 

すみだ北斎美術館にて、「北斎師弟対決!」が開催中です。

 

すみだ北斎美術館 北斎師弟対決!

 

浮世絵界のビッグネーム・葛飾北斎。実は孫弟子も含めて200人にも及ぶ弟子がいたそうです。

本展では、北斎と弟子が同じテーマで描いた作品を比較することで、それぞれの画風や影響関係を紹介します。

 

 

一章 人物

 

北斎の筆が描き出す領域は、繊細なものからクスッと笑えるものまで、実に多様です。

弟子たちは、そんな北斎の画風を学びながら作品を制作しました。

 

すみだ北斎美術館 北斎師弟対決!

展示風景 より左:葛飾北斎《鎌倉の権五郎景政 鳥の海弥三郎保則》天保(1830-44)前期 大判錦絵(前期)

右:卍楼北鵞《椿説弓張月巻中略図 山雄(狼ノ名也)主のために蠎蛇を噛て山中に躯を止む》天保年間(1830-44)大判錦絵3枚続(前期)

作品はすべてすみだ北斎美術館蔵

 

こちらは左が北斎、右が弟子・卍楼北鵞の作品です。

 

どちらも武士を描いており、つり上がった眉や目、への字に結んだ口などが共有しています。

北鵞の武士は、目が血走り歯を食いしばるなど、より鬼気迫る表情で描かれています。

 

 

 

二章 風景

 

当時、浮世絵の中で圧倒的に人気なのは、美人画や役者絵でした。

しかし北斎は、あまり注目されていなかった風景画の人気を高め、定番化するという偉業を成し遂げました。

弟子たちは、北斎の風景画を学びながらも、自身の表現を作り上げようとしました。

 

すみだ北斎美術館 北斎師弟対決!

展示風景 より左:葛飾北斎《冨嶽三十六景 穏田の水車》天保2年(1831)頃 大判錦絵(前期)

右:春婦斎北妙《冨嶽三十六景 穏田の水車》年代未詳 豆判錦絵(前期)

 

北妙は、北斎の「冨嶽三十六景」などのシリーズを真似た、ミニチュア版の錦絵を制作しています。

北斎作品を忠実に再現しながらも、こじんまりとしたかわいらしさがあります。

 

 

三章 動物

 

北斎の弟子たちは、日常的にスケッチすることができる動物を描くのにも、北斎の描写をしっかりと学んでいます。

その姿勢には、周囲からの期待や、北斎の技術を継承する者としての自覚をうかがうことができます。

 

左:葛飾北斎《小禽》(前期)/右:二代葛飾戴斗《『花鳥画伝』初編 加奈阿利》(前期)

 

こちらはどちらにもカナリアが描かれています。

二代葛飾戴斗の作品では、カナリアに加えておしどりやつばめなど、北斎の画風を忠実に再現した鳥の表現がみられます。

 

 

四章 エトセトラ

 

最終章では、これまでのカテゴリーに入らないモティーフの作品を紹介。

北斎の独創的な構図、それを受け継ぐ弟子たちの技術を楽しむことができます。

 

すみだ北斎美術館 北斎師弟対決!

展示風景 より左:二代目葛飾戴斗《『画本西遊全伝』四編 三 悟空們妖怪が洞們をやく》天保6年(1835)半紙本 読本(通期)

右:葛飾北斎《『経島履歴 松王物語』上 尊恵夢に森羅殿昇る》文化9年(1812)半紙本 読本(通期)

 

こちらはどちらも「炎」をモティーフとした作品。

炎に陰影をつけることで、通常の炎との違いを感じさせ、より臨場感のある描写になっています。

 

 

北斎だけでなく、弟子の魅力までもあますことなく紹介している本展。

3階ホワイエでは、北斎の弟子になったつもりで絵を描き込める大きなボードも登場しています。

 

すみだ北斎美術館 北斎師弟対決!

私も描いてみました(笑)。

 

 

北斎は弟子に手取り足取り教えるタイプではなかったようですが、弟子はしっかり北斎の技術を盗んでいました。

細かい描写などもたっぷり見ることができますよ!

 

※写真は特別な許可を得て撮影しています。

 

Information

展覧会名:北斎師弟対決!

会場:すみだ北斎美術館

会期:2020.02.04〜2020.04.05 ※前後期で展示替えを実施

詳細:https://obikake.com/exhibition/8895/

 

OBIKAKE gifts

本展の招待券を5組10名様にプレゼント!

〆切は3月1日23:59まで!

応募フォーム

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

 

Editor  三輪 穂乃香

画道を模索した弟子にちなんだ展覧会ということで、美術系の大学・専門生に【北斎の弟子割引】があるそう!

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP