NULL 体感!日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―/おびかけNEWS | OBIKAKE(おびかけ)

ニュース

ユネスコ無形文化遺産 特別展
体感!日本の伝統芸能
―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―

2020.2.19

日本を代表する5つの伝統芸能

トーハクに集結!史上初の大規模展覧会

 

東京国立博物館にて3月10日〜5月24日まで開催される、特別展「体感!日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―」。

記者発表へ行ってきました!

 

体感!日本の伝統芸能 尾上菊五郎 東京国立博物館 表慶館

記者発表の様子

 

本展は、数百年以上にわたり守り伝えられてきた、日本を代表する5つの伝統芸能―歌舞伎、文楽(ぶんらく)、能楽、雅楽、組踊(くみおどり)の歴史との関係、それぞれの芸能が持つ固有の美と、それを支える「わざ」を紹介するものです。

 

 

展覧会のポイント①

臨場感あふれる舞台を再現

体感!日本の伝統芸能 東京国立博物館 表慶館 尾上菊五郎

歌舞伎『義経千本桜』道行初音旅 静御前(中村時蔵)と佐藤忠信)中村富十郎(五代目))

※写真は再現舞台イメージ

 

展示室内に再現された5つの芸能の舞台を間近で観ることができます。本物の衣装・装束、楽器、小道具などの展示もあり、より臨場感を楽しむことができるそう!

 

 

展覧会のポイント②

貴重な映像資料の上映

走舞『環城楽』左方 ※写真は再現舞台イメージ

 

歌舞伎展示室では、日本最古の映画『紅葉狩(もみじがり)』を、文楽展示室では、本展のために収録された演奏風景を、能楽展示室では国立能楽堂での『井筒(いづつ)』の公演映像など、各展示室で貴重な映像を上映します。

 

 

展覧会のポイント③

充実した体験コーナーの数々

文楽『本朝廿四孝』奥庭狐火の段(桐竹勘十郎)※写真は再現舞台イメージ

 

来館者がモニター上で歌舞伎役者になりきるデジタルアートや、文楽のツメ人形を実際にあやつることができるコーナーをはじめ、それぞれの展示室で伝統芸能を体感することができます!

 

 

展覧会のポイント④

プロの実演家や舞台を支える人々の「わざ」を体感

能『井筒』 後シテ 紀有常の娘(勧世清和) ※写真は再現舞台イメージ

 

それぞれの芸能の、プロの実演家や舞台を支える職人の方々、人間国宝の方をお呼びし、デモンストレーションやトークを開催予定です。

 

 

これまで伝統芸能になじみのなかった若い層や外国人を含め、多くのひとびとが伝統芸能を「体感!」し、楽しむことができる本展。

改めて日本の良さが伝わる素敵な展覧会になりそう♪

 

information

展覧会名:ユネスコ無形文化遺産 特別展
体感!日本の伝統芸能
―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―

会場名:東京国立博物館 表慶館

会期:2020.03.10〜2020.05.24 ※開催中止

公式サイト:https://tsumugu.yomiuri.co.jp/dentou2020/

Editor  三輪 穂乃香

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP