NULL ナニソレ Q560 | OBIKAKE(おびかけ)

ナニソレ

Q560

2020.10.11

ナニソレでは、1日1つずつ美術の豆々知識を紹介していきます!

 

東京国立博物館 トーハク 東博 工芸 工藝2020 OBIKAKE ナニソレ

 

A.截金(きりかね)とは、平安・鎌倉時代に仏画や仏像の装飾として用いられた技法のことです。

金箔や銀箔を、細長い線状などに切って張り付けて模様にします。中国からもたらされました。

 

東京国立博物館で開催中の「特別展 工藝2020 ― 自然と美のかたち ―」が開催中です!

★展覧会レポートはコチラ

つちやさやをフォローする

イラストレーター|つちやさや

八丈島出身。海と山と温室、布団を干すのが好き。

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP