建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代

目黒駅 | 東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー)
開催期間:2020.04.18〜2020.06.23

本展は、1933年に竣工した朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の魅力を紹介する、年に一度の建物公開展です。これまで当館では、建物の歴史や室内のディティール、建設に関わった人びと、修復内容など、毎年異なるテーマを設けつつ、多様な角度から建物公開展に取り組んでまいりました。2020年の開催となる今回は、この邸宅建築が生まれた時代・都市である、1930年代の東京に焦点を当てます。

 

1930年代の東京―――1923年の関東大震災によって江戸・明治の面影を失いながらも、「帝都復興」の掛け声のもと近代都市としての新しいスタートを切った地。華々しい震災復興記念祭とともに幕を開けたこの時代は、ガラスと鉄筋コンクリートの近代的な建築が立ち並び、地下鉄が走り、モダンな衣服に身を包んだモガ・モボたちが銀座の街を闊歩しました。やがて戦争の惨禍にさらされるまでのわずかな間に、日本の都市文化の中心地として花開いたのです。現代の東京に繋がる都市の原型が形作られた時代と言っても過言ではなく、今にも通じるモダンなライフスタイルの萌芽を見て取ることができます。

 

本展では、東京都の所有する作品・資料―絵画や家具、写真、雑誌、衣服など、分野を横断する多彩なコレクションの紹介を通して、朝香宮邸が生まれた時代の、モダン都市・東京の在り様を描き出すことを試みます。東京に今なお確かに息づいている、“モダンの息吹”を探ります。

展覧会名

建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ)
東京都コレクションにみる1930年代

会期

2020.04.18〜2020.06.23

開館時間

10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)

休館日

第2・第4水曜日(4/22、5/13、5/27、6/10)

入場料

一般 900円(720円)、大学生 720円(570円)、中高生 450円(360円)、65歳以上 450円(360円)
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

会場

東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー)

住所

東京都港区白金台5-21-9

電話番号

050-5541-8600(ハローダイヤル)

アクセス

JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分
※白金台駅のエレベーターは2番出口にございます。

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

写真撮影をお楽しみいただけます

本展期間中は、本館内での写真撮影が可能です。 撮影の際は以下の諸注意を必ずご確認いただき、館内スタッフの指示に従ってください。

 

[撮影にあたっての諸注意]

  1. まわりの方へのご配慮をお願いします。
  2. フラッシュ・レフ板・三脚・自撮り棒・望遠レンズのご使用はご遠慮ください。
  3. 安全確保のため、撮影をお断りするお声掛けをする場合がございます。
  4. 動画の撮影はご遠慮ください。
  5. 撮影機器の落下や展示品に触れてしまう恐れがあるため、展示品の真上からの撮影や身を乗り出しての撮影はご遠慮ください。
  6. 撮影は非営利目的の個人利用に限ります。商業撮影は、事前の申請が必要です。
  7. SNS等での写真の公表にあたって、写り込んだ他の来館者の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。
  8. その他、作品や建物に危険が及ぶ行為は禁止しています。
この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP