平山郁夫 ふるさと広島を描く展

平山郁夫シルクロード美術館
開催期間:2020.03.21~2020.06.23 開催終了

平山郁夫は、1968年から日本文化の源流を求め、仏教伝来の道でもあるシルクロードを旅し、平和を祈りながら描き続けた、戦後日本画壇を代表する画家です。その原点は、生まれ故郷である広島県生口島(現・尾道市瀬戸田町)にあり、この島の瀬戸内海と緑豊かな自然が画家としての感性を育くみました。

 

本年は、平山郁夫の生誕90年にあたり、これを記念して、画家の原点でもある故郷の生口島や宮島などの風景や、人々の生活を描いた初期の作品、そして瀬戸内しまなみ海道などを描いた「広島」に関する作品をご紹介します。

展覧会名

平山郁夫 ふるさと広島を描く展

会期

2020.03.21~2020.06.23 開催終了

開館時間

10:00~17:00(入館16:30まで)

休館日

会期中無休

入場料

一般 1.200円、高大生 800円、小中学生無料
※障がい者手帳をお持ちの方無料、介護者は1名まで600円
※70歳以上の方、20名以上の団体は各100円引

会場

平山郁夫シルクロード美術館

住所

〒408-0031 
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6

電話番号

0551-32-0225

アクセス

・中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ
・JR中央線「小淵沢」駅より車で10分

主催

公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP