特別展「国宝 東寺ー空海と仏像曼荼羅」

東京国立博物館 平成館
開催期間:2019.03.26〜2019.06.02

本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝をご堪能ください。

展覧会名

特別展「国宝 東寺ー空海と仏像曼荼羅」

会期

2019.03.26〜2019.06.02

開館時間

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで)

休館日

月曜日、5月7日(火)
(ただし4月1日(月)[東寺展会場のみ開館]、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館)

入場料

一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料

会場

東京国立博物館 平成館

住所

東京都台東区上野公園13-9

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス

JR上野駅(公園口)、鶯谷駅(南口)下車徒歩10分

主催

東京国立博物館、真言宗総本山教王護国寺(東寺)、読売新聞社、N H K、N H Kプロモーション

チケットを購入する
この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP