平山郁夫の足跡をたどる 日本の古社寺と文化財保護

平山郁夫シルクロード美術館
開催期間:2020.06.27〜2020.12.27

平山郁夫は、1968年から日本文化の源流を求め、仏教伝来の道でもあるシルクロードを旅し、平和を祈りながら描き続けた、戦後を代表する日本画家であります。

平山の長きにわたる画業の中で、シルクロードの取材は150回を超えるほどであり、これらの旅を行う中で画家は改めて日本の素晴らしさに気付き、1990年代以降、平成に入ってからは数々の「日本の風景」を描いてきました。

 

本展は、そうした日本を題材とする作品の中から、伝統的な社寺などをテーマに展示し、あわせて画家自身の後年の活動であった「文化財保護活動」についても紹介します。

展覧会名

平山郁夫の足跡をたどる 日本の古社寺と文化財保護

会期

2020.06.27〜2020.12.27

開館時間

10:00~17:00(入館16:30まで)

休館日

会期中無休

入場料

一般 1.200円、高大生 800円、小中学生無料
※障がい者手帳をお持ちの方無料、介護者は1名まで600円
※70歳以上の方、20名以上の団体は各100円引

会場

平山郁夫シルクロード美術館

住所

〒408-0031 
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6

電話番号

0551-32-0225

アクセス

・中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ
・JR中央線「小淵沢」駅より車で10分

主催

公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP