テーマ展示「LEGER&ART DECO 100年前の未来」

ポーラ美術館
開催期間:2020.06.01〜2020.11.03

フェルナン・レジェ(1881-1955)はピカソ、 ブラックらと共に20世紀を代表するキュビスムの巨匠とされるフランスの芸術家です。 今から100年ほど前、 パリで建築の製図工として働きながら絵画を学んだレジェは、 機械に造形的な美を見出す「機械の美学」を基軸に、 急激に産業化した同時代の風景を、 製図や工業製品の生産技術を意識した新たな形式で描き出しました

 

《鏡を持つ女性》は、 球や円筒形、 直方体などの幾何学的な形が、 白、 黒、 赤、 青、 黄、 緑色に塗られ、 複雑に組み合わされた絵画作品です。 レジェが示した世界は、 技術革新により扉が開かれた進歩への興奮と機械礼賛の輝きに満ちあふれています。 今回、 レジェの油彩作品がはじめて当館のコレクションに加わりました。 当館のレジェ・コレクションは、 版画を含め2点となります。

本展では、 新収蔵作品とともにレジェの短編映画『バレエ・メカニック』や版画作品をご覧いただけます。 また、 レジェの作品テーマである「鏡を見る女性」に関連して、 同時代にヨーロッパを席巻したアール・デコの装飾様式の手鏡や化粧道具のほか、 この時期に活躍した工芸作家ルネ・ラリックのガラス香水瓶の名品と共にご紹介します。

 

展覧会名

テーマ展示「LEGER&ART DECO 100年前の未来」

会期

2020.06.01〜2020.11.03

開館時間

9:00~17:00(※最終入館は16:30)

休館日

会期中無休展示替えによる臨時休館あり)

入場料

大人 1,800円 シニア(65歳以上)1,600円
大高生 1,300円、中学生以下無料

会場

ポーラ美術館

住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

電話番号

0460-84-2111(受付時間9:00~17:00)

アクセス

箱根登山鉄道「強羅」駅から施設めぐりバス「湿生花園」行バスで「ポーラ美術館」下車すぐ

主催

公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館

新型コロナウイルス感染症・拡大防止策

再開に際し、 館内の感染防止策の強化や運営の一部変更など、 新型コロナウイルス感染防止対策を徹底してまいります。

1)入館制限
入館者数800人/日の上限を目安とします。

2)駐車場の運営台数を制限
満車台数を約半数に制限した運用をいたします。

3)入館時のチェック
カゼの症状や37.5度以上の体温の方にはご遠慮いただくとともに、 サーモグラフィカメラにて入館時の体温チェックをさせていただきます。

4)ソーシャルディスタンスの確保
・フロアマーカーや案内板などを使用し、 ソーシャルディスタンス(1~2mを想定)が取れるようお客様をご案内します。 また、 レストランやカフェの席数を約30%減らし、 お客様の座席間に一定のゆとりを持たせる工夫をします。

5)当面の間、 ギャラリートーク及び大人数でのイベントを中止します。

6)館内の清掃の徹底と消毒
ロッカー、 手すり、 ドアノブなどお客様がよく触れる箇所を1日2回消毒するほか、 公衆電話などの近くには消毒液を設置します。

7)飛沫の防止
全スタッフがマスク着用し、 各レジカウンターにはシールドを設置します。

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP