石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

清澄白河駅 | 東京都現代美術館 企画展示室1F/地下2F
開催期間:2020.11.14〜2021.02.14

東京に生まれ、アート・ディレクター、デザイナーとして、多岐に渡る分野で新しい時代を切り開きつつ世界を舞台に活躍した、石岡瑛子(1938-2012)の世界初の大規模な回顧展。時代を画した初期の広告キャンペーンから、映画、オペラ、演劇、サーカス、ミュージック・ビデオ、オリンピックのプロジェクトなど、その唯一無比の個性と情熱が刻印された仕事を総覧します。

展覧会名

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

会期

2020.11.14〜2021.02.14

開館時間

10:00ー18:00(展示室入場は閉館30分前まで)

休館日

月曜日(11月23日、2021年1月11日は開館)、11月24日、12月28日-2021年1月1日、1月12日

入場料

一般 1,800円、大学生・専門学校生・65 歳以上 1,300円、中高生 700円 、小学生以下無料

会場

東京都現代美術館 企画展示室1F/地下2F

住所

〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)

電話番号

ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00-22:00 年中無休)

アクセス

東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅A3番出口より徒歩13分

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP