都市は自然展 CITY is NATURE

セゾン現代美術館
開催期間:2020.07.26〜2020.11.23

「共生」という⾔葉が広くに知られるようになったのは、1970年代より「共⽣の思想」を提唱してきた建築家・黒川紀章によるところが⼤きいといえるでしょう。黒川と共に⽇本発の建築運動「メタボリズム」に参加した建築家・槇⽂彦に薫陶を受け、現在国内外のプロジェクトで活躍する建築家・團紀彦が、本展の展示構成を手掛けています。2020年より軽井沢町の都市と自然環境に対する提⾔を行うマスターアーキテクトに就任された團の建築は、その特徴として「自然との共生」を挙げることができます。

 

本展では、團の「共⽣」に関連した作品や画像資料に加え、複数のプロジェクトで團と共同制作をしてきた美術家・大久保英治の新作インスタレーションを展⽰いたします。
さらに「共⽣的社会」と題したセクションでは、当館館長の堤たか雄がキュレーションを担当し、ブックアーティストの太⽥泰友、独⾃の視点で社会問題に向き合う磯村暖の近作をご紹介いたします。

 

今まさに、私たちの⽣活が変わろうとしているなかで、⽇本の自然観、都市観に基づいた、團紀彦の解釈による「共生」の展観を試みます。

 

團は本展に寄せて「新型コロナウィルスは建築空間と多数の⼈間に深く関わり合っている都市的でグローバルなウィルスだと言える。特定の地域に限定される⾵⼟病と違い、あっという間に地球全体を駆け巡る。(中略)人間は魚に例えると回遊魚的でもあり根魚的でもある。今はこの回遊魚の⾃由は奪われて、根魚的な生き方の中で何とか生き延びなげればならない。(中略)それぞれの文化的な固有性を出発点とし、その葛藤の中から⽣まれた根魚の論理としての共生の思想だけが未来への希望の光となることを信じている。ペストは近代を生む陣痛だったと言われたように、コロナ禍もまた次の新しい共生の時代を⽣むための苦しみであると思う。」と述べています。

展覧会名

都市は自然展 CITY is NATURE

会期

2020.07.26〜2020.11.23

開館時間

10:00 − 18:00(11月は17:00まで/入館は閉館の30分前まで)

休館日

⽊曜⽇(8⽉は無休)

入場料

一般1500円、大高生1000円、中小生500円

会場

セゾン現代美術館

住所

〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ケ沢2140

電話番号

0267-46-2020

アクセス

JR北陸新幹線軽井沢駅、または、しなの鉄道中軽井沢駅より草津温泉行のバス利用、軽井沢千ヶ滝温泉入口下車徒歩7分
中軽井沢駅よりタクシー利用10分

主催

⼀般財団法⼈セゾン現代美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP