盗めるアート展

荏原中延駅 | same gallery
開催期間:2020.07.10〜2020.07.19

本展は、国内外で活躍するアーティストの作品で構成される、盗めるアート展です。

会期中、会場にはセキュリティを置かず、24時間無人営業し、アーティストの作品は、来場者が自由に持って帰って (盗んで)よいものとして展示されます。盗んでよいものとして作品が展示される時、アーティストはどのような作品を展示するのか?鑑賞者と作品の関係性はどうなるのか?

 

芸術作品に常にまとわりつく、ギャラリーや美術館という守られた展示空間との既存の関係性が壊された空間で、現代における芸術作品のあり様を違った角度から捉え直す機会となったら幸いです。 アートに興味のある方々だけでなく、家の壁が寂しいから何か飾りたい方、絵画泥棒をやって見たかったけどできなかった方、そんな方々のご来場をお待ちしております。

展覧会名

盗めるアート展

会期

2020.07.10〜2020.07.19

開館時間

7月10日 0:00~7月19日18:00
※会期中は24時間ノーセキュリティーで営業しています。
※全作品が盗まれ次第展示は終了いたします。

休館日

会期中無休

入場料

無料

会場

same gallery

住所

〒142-0063
東京都品川区荏4-6-7

ルール

– 作品を持ち帰られる方をアート泥棒様と呼ばせて頂きます。
– 本展示場にて盗んで良いのは、展示されている作品のみとさせて頂きます。会場内の展示品以外の什器、備品の盗難、破損におきましては、🚓に通報させていただきます。
-盗む作品は一組につき一点限りとさせていただきます。
(例:キャッツアイ様の場合は3人で1点のみ泥棒可)
– アート泥棒される際は、近隣のご迷惑にならないよう静かに、マナーのある泥棒行為をお願いします。
– 会場内での、飲食、睡眠は禁止とさせて頂きます。
– 会場内への作品の持ち込み、設置は禁止させて頂きます。
– 会場内の監視カメラより、インターネット上で中継、録画された動画の公開をさせていただくことがありますのでご自身のプライバシーを守りたい方は、マスクや仮面の着用した上でご入場ください。
– アート泥棒様への作品の梱包、運搬のお手伝いは致しておりませんので、全て自己責任でお願いします。
– 他のアート泥棒様と譲り合いましょう。
– 終了期日前に、全作品が盗まれた場合は、その時点で閉展となります。

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP