コレクション・ハイライト+特集「肖像(わたし)」

広島市現代美術館
開催期間:2020.08.06〜2020.11.29

特集「肖像(わたし)」

 

「肖像」作品は、従来、“ある人”の記憶をとどめたり、理想化された自己の姿を投影する役割を担ってきました。かつては絵画が主流だった「肖像」作品ですが、現代では、写真、彫刻、映像など、多彩なメディアと素材で表現されるようになり、それとともに作品に込められた問題意識も多様化しています。とりわけ肖像写真においては、作品に写し出された「対象」に付与された”既存のイメージ”を問い直すような作品が、近年、数多く誕生しています。性別や国籍、外見的な特徴など”見た目”による「自己/他者イメージ」がゆらぐ時、わたしたちはどのように「わたし」や「他者」を位置づけることができるのでしょうか。本展では、様々な視点から「肖像」を問い直し、現代を生きる私たちが直面するアイデンティティの不確かさ、そして「肖像」と「わたし」を取り巻く諸状況について考えます。

※会期中、一部展示替えあり(10月6日(火)~)

 

コレクション・ハイライト

 

コレクション・ハイライトでは、「ヒロシマ」に関連する作品を紹介します。広島市現代美術館は、被爆都市・広島の美術館として、「『ヒロシマ』と現代美術の関連を示す作品」を収集の柱のひとつとしてきました。被爆75周年という節目の年に、「ヒロシマ」をめぐる作家の多様な視点と表現を通して、今日に続く「平和への課題」に、美術作家らがどう対峙してきたかをたどります。

 

展覧会名

コレクション・ハイライト+特集「肖像(わたし)」

会期

2020.08.06〜2020.11.29

開館時間

10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝休日の場合は翌平日)

入場料

一般 300(250)円、大学生 200(150)円、高校生・65歳以上 150(100)円、中学生以下無料
※( )内は30人以上の団体料金
※11月3日(文化の日)は無料

会場

広島市現代美術館

住所

〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1

電話番号

082-264-1121

アクセス

【広島駅から】
・路面電車 5番「広島港」行き→「比治山下」下車、約500m
・バス B-7のりば まちのわループ・広島みなと新線/広島駅~大学病院・旭町・県病院方面→「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約700m
・タクシー 約10分

【紙屋町から】
・バス 紙屋町(県庁前)バス停「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
→ 「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約550m

【八丁堀から】
・バス 八丁堀(ヤマダ電機前)バス停「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
→ 「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約550m

主催

広島市現代美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP