梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」

万博記念公園駅 | 国立民族学博物館 本館企画展示場
開催期間:2020.09.03〜2020.12.01

みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者です。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べましたが、具体的に資料を加工する過程は示しませんでした。

 

この企画展では、梅棹のアーカイブズ資料とデジタル・データベースで彼の知的生産の舞台裏を紹介します。

展覧会名

梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」

会期

2020.09.03〜2020.12.01

開館時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

水曜日

入場料

一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料
※( )は20名以上の団体料金/リピーターは団体料金を適用
※本館展示もご覧いただけます

会場

国立民族学博物館 本館企画展示場

住所

〒565-8511
大阪府吹田市千里万博公園10-1

電話番号

06-6876-2151

アクセス

・大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車徒歩約15分
・バス 阪急茨木市駅・JR茨木駅から「日本庭園前」下車徒歩約13分
・乗用車 万博記念公園「日本庭園前駐車場」(有料)から徒歩約5分

主催

国立民族学博物館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP