河鍋暁斎の底力

東京駅 | 東京ステーションギャラリー
開催期間:2020.11.28〜2021.02.07

河鍋暁斎(1831-1889)は、毎年のように展覧会が開かれる人気の絵師ですが、本展では暁斎の本画を一切展示しません。展示するのは、河鍋家に代々受け継がれ、河鍋暁斎記念美術館に伝わった収蔵品から厳選した素描、下絵、画稿、席画、絵手本など、暁斎の生の筆遣いが感じられる作品ばかりです。本画(下絵を描き、彩色も施した完成作品)は完成度が高い一方で、筆勢が抑制された、いわばお行儀のいい作品と言え、時に弟子の手が入ることも。これに対して下絵や画稿類は100%暁斎の手になり、その卓越した筆力をまざまざと感じることができます。あえて本画を展示しない、チャレンジングな試みです。

 

※会期中に一部展示替えあり

前期:2020年11月28日(土)〜12月27日(日))

後期:2021年1月2日(土)〜2月7日(日)

展覧会名

河鍋暁斎の底力

会期

2020.11.28〜2021.02.07

開館時間

10:00 - 18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(1月11日(月)、2月1日(月)は開館)、12月28日(月)〜1月1日(金)、1月12日(火)

入場料

一般 1,200円、高校・大学生 1,000円、中学生以下無料

※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
※チケット購入方法の詳細に関しては、決まり次第美術館公式サイトでお知らせされます。そちらをご確認ください。

会場

東京ステーションギャラリー

住所

東京都千代田区丸の内1-9-1

電話番号

03-3212-2485

アクセス

JR東京駅丸の内北口改札前

主催

東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、公益財団法人河鍋暁斎記念美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP