企画展「モノクロームの冒険 ―日本近世の水墨と白描―」

表参道駅 | 根津美術館 展示室1・2
開催期間:2020.09.19〜2020.11.03

煤(すす)に膠(にかわ)で粘性を与えて作られる墨は、東洋において、文字を書く際の主たる材料であると同時に、書と密接に関わって展開した画(絵画)にとっても最重要の材料であり続けてきました。そうした墨で描かれる絵画は、濃淡やぼかし、抑揚のある描線を駆使する水墨画と、均質な細い線を主とする白描画の大きく2つに分けることができます。本展は、墨の可能性をそれぞれ追求してきた水墨と白描の技法、ひいてはその表現の魅力を、日本近世の作例によってご覧いただくものです。

 

そもそも白描画は、着色画に対する言葉で、白い紙に黒い墨が映える、まさにモノクロームの美の世界です。一方、水墨画は、中国の唐時代に、現代のアクション・ペインティングさながら墨をはね散らして描く人々が登場したことで、墨の表現の多様性が再認識されたところに始まります。いずれも墨を基本としながら、部分的に色彩、あるいは金を加えて面白い効果をあげる作品も古来、少なくありません。日本には、白描画ははやく奈良時代に、また水墨画も平安時代末期以降、中世を通じて作品が数多くもたらされ、それらに刺激を得た画家たちによって独自の発展を遂げます。

 

そして近世。狩野派、琳派、円山四条派の画家たちは、趣向を凝らした水墨で個性を競い合い、土佐派や住吉派、復古大和絵派は、ときに淡彩を加えつつ、ストイックな白描で観る者を清浄な境地に誘います。

 

※新型コロナウイルスの感染状況等により変更の可能性もございます。ご来館前に、美術館公式サイトをご確認ください。

展覧会名

企画展「モノクロームの冒険 ―日本近世の水墨と白描―」

会期

2020.09.19〜2020.11.03

開館時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(ただし9月21日(月・祝)は開館)、9月23日(水)

入場料

一般 1100円 (900円)、学生 800円 (600円)
※( )内は障害者手帳等提示者及び同伴者1名の料金。中学生以下は無料。

【日時指定予約制】
新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一つとして、根津倶楽部会員、招待はがき等をお持ちの方を含めすべてのご来館者を対象とした「日時指定予約制」( 当日予約不可)が導入されます。

日時指定予約は、9月14日(月)午前10時より、美術館公式サイトにて受付を開始します(クレジットカード決済のみ)。
※予約人数は上限4名まで。当面団体予約の受付は中止。
※詳しい予約情報は、美術館公式サイトをご覧ください。

会場

根津美術館 展示室1・2

住所

東京都港区南青山6-5-1

電話番号

03-3400-2536 (受付時間 開館日10:00 ~17:00)

アクセス

・地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 〈表参道〉駅下車 A5出口(階段)より徒歩8分/B4出口(階段とエスカレータ)より徒歩10分/B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分
・都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 〈南青山6丁目〉駅下車 徒歩5分

主催

根津美術館

チケットを購入する
この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP