眠り展:アートと生きること
ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで

竹橋駅 | 東京国立近代美術館
開催期間:2020.11.25〜2021.02.23

「眠り」は、人々にとって生きていく上で欠かせないだけでなく、芸術家たちの創造を駆り立ててもきました。本展では、国立美術館所蔵の絵画、版画、素描、写真、立体、映像など、幅広いジャンルの古今東西のアーティスト 33 人・約 120 点の作品によって、多彩な「眠り」の表現をご紹介します。「眠り」がいかに表現されてきたかを探ることは、日常で見過ごしてきたものへの気づきをもたらし、私たちの迷いや悩みに対するヒントを与えてくれるでしょう。

展覧会名

眠り展:アートと生きること
ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで

会期

2020.11.25〜2021.02.23

開館時間

10:00~17:00、金・土曜日は20:00まで
※入館は閉館30分前まで

休館日

月曜日(2021/1/11 は開館)、12/28~ 2021/1/1、2021/1/12

入場料

一般 1,200(1,000)円、大学生 600(500)円
※( )内は 20 名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および 18 歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟校の学生、教職員は無料。
※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「 MOMAT コレクション」(4 -2F)、
「コレクションによる小企画 男性彫刻」( 2F ギャラリー 4)もご覧いただけます

会場

東京国立近代美術館

住所

千代田区北の丸公園3-1

電話番号

050-5541-8600(ハローダイヤル) 

アクセス

東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩3分

主催

独立行政法人国立美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP