五島一浩「画家の不在」展

末広町駅 | アーツ千代田 3331 1Fメインギャラリー
開催期間:2020.11.06〜2020.11.15

空中に吊られた巨大な凸レンズが、空白のキャンバスに絵画や写真のような「像」を描き出します。これは現在のカメラの父祖「カメラ・オブスクラ」の分解された姿です。この作品で五島は、自身の制作の根幹である「カメラ」の腑分けにより「見ること」を再提示しています。

 

鑑賞者は、展示室中央の椅子に座ると、映し出される絵画のモデルとなります。手にした虫眼鏡で自由な場所に像を描くこともできます。椅子に座ったモデルから見えるものは何でしょうか? 世界を作っているのはレンズなのか、観察者なのか。「画家の不在」の中での「像」をとりまく対話が「見ること」を捉え直す糸口となる作品です。

 

五島一浩は、独自手法の映像作品や、映画原理の解体など「視覚」を再提示する作品を制作し、イメージフォーラム・フェスティバル、アルスエレクトロニカ、文化庁メディア芸術祭などで多くの賞を受賞しています。今展では初期代表作「FADE into WHITE」シリーズや、特殊立体映像「東京浮絵百景」「SHADOWLAND」、コマのない動画像を撮影・投影する「これは映画ではないらしい」なども併せて展示します。

 

※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、変更となる事があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

展覧会名

五島一浩「画家の不在」展

会期

2020.11.06〜2020.11.15

開館時間

11:00-19:00
(初日は 17:00から、最終日は16:00まで)

休館日

会期中無休

入場料

無料

会場

アーツ千代田 3331 1Fメインギャラリー

住所

〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14

電話番号

03-6803-2441(代表)

アクセス

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP