138億光年 宇宙の旅

恵比寿駅 | 東京都写真美術館 地下1階展示室
開催期間:2020.11.21〜2021.01.24

創立から60年余り、宇宙開発や天体観測に偉大な功績を残してきたNASA―アメリカ航空宇宙局。本展では、NASAの画像を中心に、観測惑星や惑星探査機、宇宙望遠等がとらえた美しく驚異的な天体写真を選りすぐって紹介します。太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の驚異的な姿を大型の高品位銀塩写真プリントでご覧いただきます。

 

あわせて、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を美しい画像によりコーナー展示いたします。

 

2020年は、本展で紹介するハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げ30周年を迎え、その他にも火星探査機マーズ・リコネッサンス、オービターの打ち上げ15周年など、宇宙科学の記念すべき年となっています。

 

サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展のすばらしさをご体感ください。

展覧会名

138億光年 宇宙の旅

会期

2020.11.21〜2021.01.24

開館時間

10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

毎週月曜日(ただし、1/11は開館、1/12は休館)

入場料

一般 1,000円(800円)、大学・専門学校生 800円(640円)、中高生・65歳以上 600円(480円)
※( )内は同館の映画観賞券ご提示の方、各種カード会員、目黒区在住の方(お住いの住所がわかるものをチケット販売カウンターにて提示)割引
※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※各種割引の併用はできません。

会場

東京都写真美術館 地下1階展示室

住所

東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

電話番号

03-3280-0099

アクセス

JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩約10分

主催

クレヴィス

関連写真展

フジフイルムスクエアでも、以下の写真展が開催されます。

写真展:ハッブル宇宙望遠鏡~宇宙の神秘を紐解く30年~

会期:2020.11.27~12.17(会期中無休/最終日は14:00まで)

場所:フジフイルムスクエア(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウンウエスト1F)

入場料:無料

詳細URL:http://fujifilmsquare.jp/event.html

お問合せ:フジフイルムスクエア 03-6271-3350(10:00~18:00)

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP