没後10年 井上ひさし展
―希望へ橋渡しする人

芦花公園駅 | 世田谷文学館
開催期間:2020.10.10〜2020.12.06

井上ひさし(1934-2010)の紡ぎ出した劇作・小説・ことばから、私たちはどれほど日本語の豊かさを教えられたことでしょう。また、その明るく闊達な笑いを通して、どれほど多くの人生と世界をめぐる問題に気づかされたことでしょう。
井上ひさし最後の戯曲『組曲虐殺』(2009)は、プロレタリア作家・小林多喜二を描いた評伝劇であると同時に、活動家であった井上の父親の影も重ね、また後年、社会的発言も積極的に行った井上自身の強い想いが込められた作品です。

「絶望するには、いい人が多すぎる。希望を持つには、悪いやつが多すぎる。」という劇中の有名な多喜二のセリフがありますが、このあとに、実は次のことばが続きます。

 

絶望から希望へ橋渡しをする人がいないものだろうか……いや、いないことはない。

 

「橋渡しをする」その人こそ、井上ひさしだったのではないでしょうか。「絶望」的な状況の中でも、ほんの少しだけ上を向いてみようと思わせる、まさに「希望」へと誘う「やさしく、ふかく、おもしろい」井上ひさしのことばを、没後10年を経た今だからこそ私たちが求めていることを、本展をとおして、あらためて確かめていきたいと思います。
なお、本展は、短期間ではありますが世田谷にも暮らした井上ひさしを顕彰し、当館の開館25周年という記念の年に開催する待望の展覧会です。

展覧会名

没後10年 井上ひさし展
―希望へ橋渡しする人

会期

2020.10.10〜2020.12.06

開館時間

10:00~18:00(展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで)

休館日

月曜日(臨時休館の場合あり。ご来場の際は、事前に公式サイトをご確認ください)

入場料

一般 800円(640円)、65歳以上・大学・高校生 600円(480円)、小・中学生 300円(240円)、障害者手帳をお持ちの方400円(ただし、大学生以下は無料)
※( )内は団体割引と「せたがやアーツカード」割引料金
※10月16日(金)は65歳以上無料
※10月17(土)、18日(日)は開館25周年を記念し観覧料無料

会場

世田谷文学館

住所

世田谷区南烏山1-10-10

アクセス

京王線「芦花公園駅」南口徒歩5分

主催

公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館

井上ひさし展―2020-スタンプラリー

東北3館関東3館開催の企画展をめぐるスタンプラリー。
3館以上まわって井上ひさしが特注していた原稿用紙をもらおう!!
お問合せ:井上ひさし展2020スタンプラリー特設サイト

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP