中野岳個展「Relational Dialogue」

曳舟駅 | トークン アートセンター
開催期間:2020.10.31〜2020.11.29

中野岳は東京藝術大学で彫刻を専攻。

在学中から、日産セドリックを小さな破片になるまで破壊し、溶接等を行いながら元の車体に復元する《バブリーカー》(2011)やパートナーを投石機で飛ばしキャッチする実験を行う《空飛ぶワイフ》(2014)など、桁違いのスケールと独自のユーモアある作品群を制作し、多くの注目を集めました。大学院修了後は現在まで、ドイツ、メキシコ、中国、フィンランドなど世界各地へ滞在し、その土地の文化や風習などに反応しながら制作を続けています。

 

本展では中野がこれまで興味を持って探求してきたスポーツ格闘における関係性の変容が、存分に示される展覧会となります。ぜひご高覧ください。

展覧会名

中野岳個展「Relational Dialogue」

会期

2020.10.31〜2020.11.29

開館時間

10月31日、11月1、3、7、8、14、15、21、22、23、28、29日
※12:00~19:00
※ご来場の際には必ずマスクをご着用いただき、入口にて手指のアルコール消毒にご協力ください。新型コロナの諸症状がある方、体調の優れない方はご来場をお控えください。

入場料

無料

会場

トークン アートセンター

住所

〒131-0032
東京都墨田区東向島3-31-14

アクセス

東武スカイツリーライン曳舟駅より徒歩10分

主催

トークン アートセンター

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP