香りの器 高砂コレクション 展

新橋駅 | パナソニック汐留美術館
開催期間:2021.01.09〜2021.03.21

古代オリエントの香油壺(こうゆつぼ)にはじまり、近代ヨーロッパの生活を華やかに彩った陶磁器やガラスで作られた様々な香水瓶など異国の香りの器。あるいは香道の道具類にみられる贅を極めた漆工芸品、また陶磁器、金工品による香炉(こうろ)や香合(こうごう)といった日本の伝統的な香りの器。

本展では、高砂香料工業株式会社が長年にわたり収集してきた、これらの香りにかかわる質の高いコレクションから、およそ240点を選りすぐり展観いたします。香りとその器の歴史は、人類の誕生とともに始まったとも言われます。古今東西の香りに関する工芸作品を鑑賞することは、奥深い香りの歴史と文化に触れることに他なりません。

加えて、東京会場である同館の展示では、国内の美術館からの特別追加作品を迎えて、香りを想起させる貴婦人の肖像画や、アール・デコ時代を象徴するような作品を紹介します。香りの器が、同時代の絵画やデザインと深く関連付くものであることも実感いただけるでしょう。

展覧会名

香りの器 高砂コレクション 展

会期

2021.01.09〜2021.03.21

開館時間

10:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで
※2/5(金)、3/5(金)は夜間開館。20:00まで開館(入館は19:30まで)

休館日

水曜日

入場料

一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下 無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名は無料

会場

パナソニック汐留美術館

住所

東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階

アクセス

JR「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・
都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分、
都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分

主催

パナソニック汐留美術館、東京新聞

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP