ヨコハマ・ポリフォニー:1910 年代から 60 年代の横浜と美術

横浜美術館
開催期間:2020.11.14〜2021.02.28

本展では、横浜美術協会が設立した1910年代から60年代までを横浜における美術を取り巻く制度の胎動期として着目し、この間に繰り広げられた表現や美術にまつわる出来事を紹介します。

 

横浜では、首都圏からほど近く東京を中心とした美術史の大きな流れと連動した表現が生み出されてきた一方で、進取の気性に富んだ港町ならではの個性ゆたかな才能や人的ネットワークと文化制度が育まれてきました。本展では章ごとに横浜とゆかりある作家たちをピックアップし、彼らの証言や表現、関係の深い作家による創作の連なりを追うことで、横浜の地をひとつの手がかりに、およそ60年の美術を複眼的に捉えることを試みます。

 

タイトルの「ポリフォニー」とは、独立した複数の旋律とリズムの声部から成る「多声音楽」を意味します。本展では横浜で育まれた作家たちの声と創作の響き合いに耳を傾けながら、大正期から高度経済成長期に至るまでの横浜のアートシーンの一端を探訪します。

 

横浜美術館は、2021年 3月 1日(月)より、大規模改修工事のため、2年を超える休館に入ります。クロージング前最後のコレクション展をお見逃しなく。

展覧会名

横浜美術館コレクション展
ヨコハマ・ポリフォニー:1910 年代から 60 年代の横浜と美術

会期

2020.11.14〜2021.02.28

開館時間

10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

木曜日(ただし、2021年2月11日は開館)
2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)

入場料

本展は、インターネットでのオンライン【日時指定予約制】です。
(「チケットを購入する」から、予約できます)

一般 500円、大学・高校生 300円、中学生 100円、小学生以下無料

※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※毎月第 3 月曜日は横浜市在住の 65 歳以上の方無料(要「濱ともカード」提示)
※団体受け入れ及び団体割引は行っておりません。
※企画展ご観覧当日に限り、コレクション展も観覧可能。
※観覧無料の方(小学生以下、招待券・障がい者手帳をお持ちの方など)もオンライン日時指定予約が必要。
※その他の詳しいチケット情報については、美術館公式サイトをご確認ください。

会場

横浜美術館

住所

横浜市西区みなとみらい3-4-1

電話番号

045-221-0300

アクセス

みなとみらい線「みなとみらい」駅から徒歩3分

主催

横浜美術館 [公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]

オンライントーク(作品紹介動画配信)

さまざまな切り口で出品作品の見どころや楽しみ方を紹介。また、作品解説をはじめ技法にも注目し、来館前後に、自宅でも本展をより深く楽しめるコンテンツです。
会期中に下記 3 本の動画を配信されます。詳しくは、本展覧会公式ウェブサイトをご確認ください。
【動画テーマ】
①長谷川潔の作品と技法
②奥村泰宏と横浜
③林敬二氏 自作を語る
【公開ページ】
https://yokohama.art.museum/exhibition/index/20201114-568.html

チケットを購入する
この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP