あやしい絵展

竹橋駅 | 東京国立近代美術館
開催期間:2021.03.23〜2021.05.16

あやしい」という言葉には、妖しい、怪しい、奇しいなどさまざまな漢字を当てはめることができます。どれにも共通するのが、「神秘的で不可思議」「奇怪な様子」という点でしょうか。
「美しい」だけでは括ることができない、グロテスク、エロティック、退廃的、神秘的、ミステリアスな作品、「あやしい」をご紹介します。
上村松園《焔》や《花がたみ》、甲斐庄楠音《横櫛》、橘小夢《安珍と清姫》など、幕末から昭和初期に制作された、一度見たら忘れられない名画やディープで「あやしい」作品・物語を紹介します。

 

※会期中、展示替えあり。

展覧会名

あやしい絵展

会期

2021.03.23〜2021.05.16

開館時間

10:00~17:00、金・土曜日は20:00まで
※入館は閉館30分前まで

休館日

月曜日(3/29、5/3は開館)、5/6(木)

※開館日時は変更になる場合があります。詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。

会場

東京国立近代美術館

住所

千代田区北の丸公園3-1

アクセス

東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩3分

主催

東京国立近代美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社

巡回情報

2021年7月3日~8月15日:大阪歴史博物館

※出品作品の一部は、会場により異なります。詳しくは、展覧会公式サイトをご確認ください。

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP