日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵
古代から近世、日本建築の成り立ち

上野駅 | 東京国立博物館 表慶館
開催期間:2020.12.24〜2021.02.21

古代から現代までの日本を代表する建物の模型や資料を一堂に公開する展覧会「日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵」を、東京国立博物館国立科学博物館国立近現代建築資料館3会場にて開催します。

 

本展は、木・草・土・石など多様な自然素材を優れた造形物へ昇華させた日本の伝統建築のうち、その縮小表現によって高い美意識と加工技術を際立たせた「建築模型」などに焦点をあて、自然素材を活かした造形的特徴を古代から現代にいたるまで見ていくものです。

また、2018年にユネスコ無形文化遺産代表一覧記載への提案がなされた「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」についても紹介するとともに、現在その維持が困難とされる、伝承者養成・技能錬磨・原材料や用具の確保など、近年の取組みについても紹介します。(※3会場の展示内容をまとめた説明です。)

 

会場ごとにテーマを変えて展示されます。東京国立博物館では、文化庁が「模造事業」としてこれまで製作を行ってきた国宝・重要文化財の木造建造物の模型の展示を通して、古代から近世までの日本建築の成り立ちを紹介。
自然素材の中で加工性に優れ、かつ強度が高く、日本の四季に合わせた木材を活用し、組み上げる日本の伝統技法として受け継がれてきた木組などの大工技術、檜(ひのき)の皮を重ねて屋根を葺く檜皮葺(ひわだぶき)や、椹(さわら)、杉などの薄板を重ねて葺く杮葺(こけらぶき)など、古来より用いられてきた自然素材を駆使する伝統的な技と知恵を、模型を通じて鑑賞することができます。

展覧会名

日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵
古代から近世、日本建築の成り立ち

会期

2020.12.24〜2021.02.21

開館時間

9:30~17:00
※金曜、土曜日は21:00まで開館

休館日

月曜日(ただし、1/11は開館)
2020/12/26~2021/1/1、1/12

入場料

一般 1,500円、大学生 1,000円、高校生 600円
★入館はオンラインによる事前予約(日時指定券)制です。 詳細は展覧会公式サイトでお知らせされます。そちらをご確認ください。
※中学生以下および障がい者とその介護者1名は無料。ただし、オンラインでの「日時指定券」の予約が必要です。入館の際に学生証、障がい者手帳等をご提示ください。

会場

東京国立博物館 表慶館

住所

東京都台東区上野公園13-9

アクセス

JR上野駅(公園口)、鶯谷駅(南口)下車徒歩10分

主催

文化庁、日本芸術文化振興会、東京国立博物館、国立科学博物館、読売新聞社

3会場同時期開催!

本展は、東京国立博物館、国立科学博物館、国立近現代建築資料館の3会場で同時期開催される展覧会です。

会場名:国立科学博物館

テーマ:近代の日本、様式と技術の多様化

会期:2020.12.08~2021.01.11

展覧会詳細ページ:https://obikake.com/exhibition/15069/

会場名:国立近現代建築資料館

テーマ:工匠と近代化―大工技術の継承と展開―

会期:2020.12.10~2021.02.21

展覧会詳細ページ:https://obikake.com/exhibition/15070/

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP