戸嶋靖昌展-縄文の焔と闇

秋田駅 | 秋田県立美術館
開催期間:2020.10.24〜2021.01.10

秋田県鷹巣町(現北秋田市)を父祖の地とする洋画家・戸嶋靖昌。

父の赴任先である栃木県塩谷郡で生まれた戸嶋は、ほどなく秋田に戻り、幼少期を秋田で過ごします。大館鳳鳴高等学校から武蔵野美術学校へ入学し、卒業後、40歳のときに渡ったスペインで30年近く制作を行いました。

厳しい自己否定、自己の葛藤をキャンバスに叩きつけた独自の様式が、戸嶋作品の特徴です。人間の存在そのものを燃焼させた焔のような画面は、スペイン時代の修練によるものですが、戸嶋の根源には、その血脈に潜む反骨の精神と、縄文時代の生命力を秘めた秋田の風土がありました。

 

本展では、初公開の大型作品を含む油彩画、彫刻作品約120点、戸嶋の撮影した写真や遺品など合わせて200点以上の資料の展観により、その画業の全貌を明らかにし、孤高の人物像を浮き彫りにします。

展覧会名

戸嶋靖昌展-縄文の焔と闇

会期

2020.10.24〜2021.01.10

休館日

2020年12月31日(木)、2021年1月1日(金)、1月2日(土)

入場料

一般:1,000円(800円)
高・大学生:800円(600円)
中学生以下無料
※( )内は前売、20名以上の団体および障がい者割引(本人と付添1名まで)、秋田市立千秋美術館との相互割引、くるりん周遊パス、なかいち回遊割引チケット提示時の割引料金

会場

秋田県立美術館

住所

〒010-0001 
秋田県秋田市中通1丁目4-2

電話番号

018-853-8686

アクセス

秋田駅より徒歩10分

主催

戸嶋靖昌展実行委員会(秋田県、AKT秋田テレビ、公益財団法人平野政吉美術財団)

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP