ゴッホ展
響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

上野駅 | 東京都美術館 企画展示室
開催期間:2021.09.18〜2021.12.12

今日、世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ1853-1890)。本では、20世紀初頭に ファン・ゴッホに魅了され、その世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)に焦点を当てます。

 

ヘレーネは、画家がまだ評価の途上にあった20世紀初頭、ファンゴッホの約90点の絵画と180点を超える素描・版画を収集し、のちに設立したクレラー=ミュラー美術館の初代館長となった女性です。

 

の見どころのひとつが、16年ぶりの来日となる《夜のプロヴァンスの田舎道》です。サン=レミ時代、ファン・ゴッホは糸杉を南仏プロヴァンスを象徴するモティーフと考え、「ひまわり」のような作品にしようと「糸杉」の制作に熱中します。その最後に描かれた本作品は、ファン・ゴッホの南仏滞在の総決算ともいえる傑作です。本作のほか、ファン・ゴッホの絵画32点、素描20点などをします。

展覧会名

ゴッホ展 ―― 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

会期

2021.09.18〜2021.12.12

会場

東京都美術館 企画展示室

住所

東京都台東区上野公園8-36

アクセス

JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、東京新聞

巡回予定

福岡市美術館:2021年12月23日(木)~2022年2月13日(日)
名古屋市美術館:2022年2月23日(水)~4月10日(日)

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP