片山利弘ー領域を越える造形の世界

武蔵野美術大学美術館 展示室3
開催期間:2021.04.05〜2021.06.20

戦後日本のデザイン創成期に主導的な役割を果たし、後に制作の場をスイス、アメリカと海外に求めた片山利弘(1928 ~ 2013)は、デザイン、絵画、彫刻、そして巨大な建築空間での立体表現と、領域の枠組みにとらわれずに活躍しました。グローバルに生きた片山の創作活動の全貌に迫るはじめての機会となります。

本展では独学で学び、日本で発表した初期のグラフィック作品にはじまり、スイスに渡り製薬会社ガイギー社で携わった広告デザイン、アメリカのハーバード大学カーペンター視覚芸術センターでのデザインと教育の仕事、そして1980年以降の日米を行き来しながら続けたそれまでの創作をさらに発展させた「領域を越えた造形」を紹介します。

 

※会期などは変更になる場合があります。最新情報は、公式サイトをご確認ください。

展覧会名

片山利弘ー領域を越える造形の世界

会期

2021.04.05〜2021.06.20

開館時間

10:00~18:00 (土曜、祝日、特別開館日は17:00閉館)

休館日

日曜日 ただし6月13日、20日は特別開館日

入場料

無料

会場

武蔵野美術大学美術館 展示室3

住所

〒187-8505
東京都小平市小川町1-736

お問い合わせ

042-342-6003

アクセス

・JR中央線「国分寺」駅で西武国分寺線「東村山」行に乗換、「鷹の台」駅下車徒歩約18分
・JR中央線「国分寺」駅北口より「武蔵野美術大学」行または「小平営業所」行に乗車、「武蔵野美術大学正門」下車(バス所要時間:約25分)
・JR中央線「立川」駅北口(5番乗り場)より「武蔵野美術大学」行に乗車、「武蔵野美術大学」下車(バス所要時間:約25分)
※ お車でのご来館はご遠慮ください。

主催

武蔵野美術大学 美術館・図書館

協力:片山渥美・片山哲夫・南天子画廊
監修:新島実(武蔵野美術大学 名誉教授)

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP