名古屋城からはじまる植物物語
天井版絵、シーボルト、伊藤圭介……

新栄町駅 | ヤマザキマザック美術館
開催期間:2021.04.24〜2021.08.29

本展では、江戸時代に狩野派に代表される尾張の絵師たちが引き継いできた花鳥画をルーツにして、その伝統が西洋植物画と融合し、ボタニカルアート、ジャポニスム、アール・ヌーヴォーへとつながっていった流れを展覧します。また、シーボルトに学んだ尾張の本草学者 伊藤圭介(1803-1901)にも迫ります。

展覧会名

名古屋城からはじまる植物物語
天井版絵、シーボルト、伊藤圭介……

会期

2021.04.24〜2021.08.29

開館時間

平日 10:00~17:30
土日祝 10:00~17:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日(ただし、5/3、8/9は開館)

入場料

一般1,300円※10名様以上の団体1,100円/小・中・高生500円、小学生未満無料(音声ガイド無料サービス)

会場

ヤマザキマザック美術館

住所

〒461-0004 
愛知県名古屋市東区葵1-19-30

お問い合わせ

052-937-3737

アクセス

名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結

主催

ヤマザキマザック美術館、中日新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP