サントリー美術館特別協力 ガラスに挑む―素材へのまなざし

富山市ガラス美術館
開催期間:2021.04.10〜2021.06.22

20世紀半ばに胎動を始めた現代グラスアートは、1980~90年代に世界的な興隆期を迎えます。本展では、国内有数のガラスコレクションを所蔵するサントリー美術館のガラス作品16点と、富山市の所蔵するガラス作品8点を展示し、この時代の活気に満ちたガラス芸術の様相をご紹介いたします。

サントリー美術館の現代ガラスコレクションは、1988年から1998年にかけて全8回開催された「サントリー美術館大賞展」への出品作品で構成されています。創立以来「生活の中の美」をテーマとして活動していた同館は、人々の意識や生活環境が急激な変化を見せた20世紀末において、美術と工芸の境界にとらわれない新たな時代の造形を探求することを目指し、この大賞展を開催しました。陶や金属、繊維、ガラスなど、特に工芸の分野で用いられてきた素材による造形芸術を対象として行われた同展には、多くのガラス作家が参加しました。

同展に出品したガラス作家たちは、透明性や表面に現れる様々な質感、繊細さ、物体としての量感など、素材の持つ特徴やそこから生まれる表情をそれぞれの立体造形へと積極的に取り入れ、独自の表現を展開しました。これらの作品は、自らの扱う素材と真摯に向き合い、新たな造形表現を探求し続けた作家たちの、飽くなき挑戦の証といえます。

 

本展を通して、1980~90年代におけるガラス作家たちの充実した造形表現の数々をお楽しみください。

展覧会名

サントリー美術館特別協力
ガラスに挑む―素材へのまなざし

会期

2021.04.10〜2021.06.22

開館時間

9:30~18:00 ※入場は閉場の 30 分前まで
(金・土曜日は20:00まで)
※初日のみ開会式(11:00より)終了後開場

休館日

4月21日(水)、5月12日(水)、5月19日(水)、6月9日(水)、6月16日(水)

入場料

一般800円(600円) 大学生600円(500円)
・本展観覧券で常設展も観覧可
・「高橋禎彦 playtime」との共通観覧券 一般1,400円(1,200円)/大学生1,200円(1,000円)
・( )内は20名以上の団体
・高校生以下は無料

会場

富山市ガラス美術館

住所

〒930−0062
富山県富山市西町5番1号

お問い合わせ

076-461-3100

アクセス

■富山駅からお越しの場合
・市電 南富山駅前行き約10分乗車 西町電停下車 徒歩約1分
・セントラム(市電環状線)約13分乗車グランドプラザ前電停下車 徒歩約2分
・タクシー 富山駅前タクシー乗り場 約8分
・徒歩 富山駅より徒歩約20分
■お車でお越しの場合
・富山I.C.より国道41号線経由 約20分
■富山空港からお越しの場合
・タクシー 約20分
・バス 富山空港線(約20分乗車) 総曲輪バス停下車 徒歩約4分

主催

富山市ガラス美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP