佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在

大分県立美術館
開催期間:2021.05.15〜2021.06.27

大分県臼杵市に生まれた佐藤雅晴(1973-2019)は、日常風景をビデオカメラで撮影した後、パソコン上でペンツールを用いて慎重にトレースする「ロトスコープ」技法でアニメーションや平面の作品を創作。観る者に、現前に映る事物の実在感とともに、不確かさや儚さなどを感じさせる独特の世界観により、国内外で高い評価を受けるなか、45歳の若さで惜しまれながら亡くなりました。

本展では、代表作の《Calling》《東京尾行》《福島尾行》など、佐藤の活動の全貌を紹介します。

展覧会名

佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在

会期

2021.05.15〜2021.06.27

開館時間

10:00〜19:00
金曜・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)

休館日

会期中無休

入場料

一般 800(600)円/大学・高校生 500(300)円
※( )内は前売りおよび有料入場20名以上の団体料金
※中学生以下は無料
※大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料、UME団体料金
※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料
※学生の方は入場の際、学生証をご提示ください

会場

大分県立美術館

住所

〒870-0036 
大分県大分市寿町2番1号

お問い合わせ

097-533-4500

アクセス

・JR大分駅府内中央口(北口)から徒歩15分
・JR大分駅前7番乗り場から、大分交通バス 青葉台線(田室町経由)23番、24番/県立図書館線(田室町経由)3番/スカイタウン高崎線(西春日町経由)8番に乗車、「オアシスひろば前」下車徒歩すぐ
・JR大分駅府内中央口7番乗り場、またはJR大分駅上野の森口前から、中心市街地循環バス「大分きゃんばす」に乗車、「オアシスひろば前(県立美術館南)」下車 ペデストリアンデッキ 徒歩1分

主催

佐藤雅晴展実行委員会、公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団・大分県立美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP