フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる
―リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント―

神泉駅 | 渋谷区立松濤美術館
開催期間:2021.04.20〜2021.06.13

20世紀を代表するイギリスの巨匠、フランシス・ベーコン(1909-1992)。アトリエの近所に住んでいた縁で、晩年その身の回りの仕事を頼まれていた隣人バリー・ジュール氏は、画家から死の直前に突然千点を超えるドキュメントを渡されていたと、死後4年経って公表しました。そこにはベーコンが描かないと語っていたドローイング、多くの写真や複製画に直接描きこまれたイメージなどが含まれていました。これら画家の生前にはその存在が確認されていなかった、ベーコン自身が創り上げたセルフ・イメージと相反するような資料の出現は話題となり、さまざまな意見が取り交わされてきました。本展では、このバリー・ジュール・コレクションの約130点を日本で初公開します。

展覧会名

フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる
―リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント―

会期

2021.04.20〜2021.06.13

開館時間

10:00~18:00(入館は17:30まで)

休館日

月曜日(ただし、5月3日は開館)、5月6日(木)

入場料

一般 1,000(800)円、大学生 800(640)円、高校生・60歳以上 500(400)円、小中学生 100(80)円
※( )内は渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
※障がい者及び付添の方1名は無料

会場

渋谷区立松濤美術館

住所

〒150-0046
東京都渋谷区松濤2-14-14

お問い合わせ

03-3465-9421

アクセス

京王井の頭線 神泉駅下車徒歩5分
JR・東京メトロ・東急電鉄 渋谷駅下車徒歩15分
※駐車場はございません。
(障がい者用車両等でのご来館の際はあらかじめお問い合わせください。)

主催

渋谷区立松濤美術館、 読売新聞社、 美術館連絡協議会

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP