忘れられた江戸絵画史の本流 -江戸狩野派の250年

静岡県立美術館
開催期間:2021.05.22〜2021.06.27

近年、江戸絵画人気は高く、さまざまな画家が紹介されていますが、江戸絵画史の本流を形成した江戸狩野派は、最も活躍した数人の画家を除いて、ほとんど知られていません。江戸狩野派は巨大な組織で、江戸時代に将軍家や大名の注文を受け、江戸画壇の中心で活躍した主要な画家だけでも、100人を優に超えます。
本展では、個人コレクターの所蔵する江戸狩野派作品を選りすぐり、彼らの知られざる魅力をご紹介します。
展示では、江戸狩野派の基本的なスタイルを築いた奥絵師の作品だけでなく、民間画壇に接触し、江戸狩野派の画風に多様性をもたらした表絵師の作品にも注目し、江戸狩野派の幅広い展開をご覧いただきます。

展覧会名

忘れられた江戸絵画史の本流 -江戸狩野派の250年

会期

2021.05.22〜2021.06.27

開館時間

10:00〜17:30(最終入室時間 17:00)

休館日

月曜日
※月曜日が祝日の場合はその翌日

入場料

一般1200円(1000円)、70歳以上600円(500円)、大学生以下無料
※( )内は前売り・団体料金
※身体障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

会場

静岡県立美術館

住所

〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2

お問い合わせ

054-263-5755

アクセス

JR東海道線「草薙」駅県大・美術館口から、徒歩約25分またはバス約6分
静岡鉄道「県立美術館前」駅南口から、徒歩15分またはバス約3分

主催

静岡県立美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP