聖徳太子1400年遠忌記念 特別展
聖徳太子と法隆寺

上野駅 | 東京国立博物館 平成館

開催期間:2021.07.13〜2021.09.09

西暦622年に聖徳太子(574~622)がお亡くなりになってから、1400年遠忌という記念の年、奈良国立博物館と東京国立博物館では聖徳太子の偉業と法隆寺の美術を紹介する特別展を開催します。

 

聖徳太子は日本文化に仏教の思想を積極的に取り入れるとともに、冠位十二階や憲法十七条、遣隋使などを通じて、以降の歴史の礎となる事業を推し進めました。偉大な太子に対する尊崇はやがて太子信仰を生み、これは日本仏教の大きな特色として現代にまで連綿と引き継がれています。歴史に燦然と輝く法隆寺ゆかりの宝物が一堂に会する本展は、1400年という遙かなる時をこえて、聖徳太子に多くの人々が心を寄せる絶好の機会となることでしょう。

 

※前後期で展示替えあり。

前期:7月13日(火)~8月9日(月・休)

後期:8月11日(水)~9月5日(日)

展覧会名

聖徳太子1400年遠忌記念 特別展
聖徳太子と法隆寺

会期

2021.07.13〜2021.09.09

開館時間

未定

休館日

未定

入場料

未定

会場

東京国立博物館 平成館

住所

東京都台東区上野公園13-9

アクセス

JR上野駅(公園口)、鶯谷駅(南口)下車徒歩10分

主催

東京国立博物館、法隆寺、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション、文化庁

巡回情報

2022年2月5日~3月27日 奈良国立博物館にて巡回予定

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP