生誕120年高橋周桑ーモダンとロマンー

浜松市秋野不矩美術館
開催期間:2021.05.29〜2021.07.11

1900(明治33)年愛媛県に生まれた高橋周桑(たかはし・しゅうそう/1900-1964)は、18歳の時に6歳年上の日本画家速水御舟に感化され絵を描き始めます。その後上京して御舟に師事し、1928(昭和3)年の再興第15回院展に初入選し、その後も日本美術院の院友、無鑑査に認められました。しかし1948(昭和23)年に新しい日本画創造をめざして秋野不矩らとともに創造美術を立ち上げ日本美術院を離脱しました。そして自身の表現を展開していきましたが、63歳の若さで病に倒れ生涯を閉じました。

本展覧会は2020年に生誕120年を迎えた昭和の日本画家高橋周桑の歩みを振り返っていきます。

展覧会名

生誕120年 高橋周桑-モダンとロマン-

会期

2021.05.29〜2021.07.11

開館時間

9:30~17:00

休館日

5月31日、6月7日、14日、21日、28日、7月5日

入場料

一般・学生 800円、高校生 500円、小中学生 300円
※70歳以上は一般料金の半額
※ミュージアムパスポート持参の県内の小学生、障害者手帳所持者及び介護者1名は無料

会場

浜松市秋野不矩美術館

住所

〒431-3314
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP