GENKYO 横尾忠則
原郷から幻境へ、そして現況は?

清澄白河駅 | 東京都現代美術館 企画展示室1F/3F
開催期間:2021.07.17〜2021.10.17

1960年代からつねに第一線で活躍し、日本を、そして世界を魅了し続けてきた、アート界のレジェンド、横尾忠則。その横尾の、60年以上にわたる創造の全貌を目の当たりにすることができる集大成の展覧会が実現します。横尾自身の総監修により、去年から今年にかけて描かれた新作を含めて、500点以上の作品が出品されます。横尾芸術のダイナミックな展開を、心うちふるえるまでに体感することができる、まさに画期的な展覧会となるでしょう。

会期

2021.07.17〜2021.10.17

開館時間

10:00ー18:00(展示室入場は閉館30分前まで)

休館日

月曜日(8月9日、9月20日は開館)、8月10日、9月21日

入場料

一般 2,000円、大学生・専門学生・65歳以上 1,300円、中高生 800円、小学生以下無料

会場

東京都現代美術館 企画展示室1F/3F

住所

〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)

アクセス

東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅A3番出口より徒歩13分

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、朝日新聞社、テレビ朝日、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP