鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」

三井記念美術館
開催期間:2019.04.20〜2019.06.23

円覚寺は、弘安5年(1282)鎌倉幕府第8代執権北条時宗により、中国から招聘した無学祖元を開山として現在の鎌倉市山ノ内に創建されました。

円覚寺とその一門寺院に伝わる、彫刻、絵画、書跡、工芸品などの優れた作品を多数展示いたします。

展覧会名

大用国師二百年・釈宗演老師百年 大遠諱記念特別展
鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」

会期

2019.04.20〜2019.06.23

開館時間

10:00〜17:00 (※入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

入場料

一般1,300円(1,100円)、大学・高校生800円(700円)、中学生以下無料
※70歳以上の方は1,000円(要証明)。
※20名様以上の団体の方は( )内割引料金となります。
※リピーター割引:会期中一般券、学生券の半券のご提示で、2回目以降は団体料金となります。
※障害者手帳をご呈示いただいたお客様、およびその介護者(1名)は無料です。

会場

三井記念美術館

住所

東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス

東京メトロ銀座線「三越前」駅A7出口徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「三越前」駅徒歩3分A7出口へ

主催

主催:三井記念美術館、臨済宗大本山円覚寺、読売新聞社
特別協力:鎌倉市教育委員会〔鎌倉国宝館〕

イベント情報

特別講演会、坐禅・法話・座談会、展覧会限定特別御朱印、土曜講座など多数のイベントを開催いたします。
詳しくは当館ホームページをご覧ください。

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP