イスラーム王朝とムスリムの世界

上野駅 | 東京国立博物館 東洋館

開催期間:2021.07.06〜2022.02.20

イスラーム教は、7世紀にアラブ人のムハンマドが預言者として唯一神に対する信仰を説き、創始した宗教です。その後、イスラーム教は西アジアのみならずヨーロッパ、北アフリカ、中央アジア、東南アジア、そして東アジアへと広がり、キリスト教に次いで世界で2番目に信者の多い宗教にまで発展しました。イスラーム教を受容した世界各地では、多くのイスラーム王朝が交替しましたが、いずれも各地の文化を融合させた独自のイスラーム文化を展開してきました。

このたびイスラーム関連の豊富なコレクションを有するマレーシア・イスラーム美術館の全面協力を得ることで、特定の国家や地域によらない、世界規模のイスラーム美術の展示が実現しました。

今回の特別企画では、こうしたイスラーム文化の多様性を知り、イスラーム世界への理解を深める手がかりとなるような美術工芸品や歴史資料などを紹介します。

展覧会名

イスラーム王朝とムスリムの世界

会期

2021.07.06〜2022.02.20

開館時間

9:30~17:00 
※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(祝休日の場合は開館、翌平日休館 ※8月10日、1月3日は開館)
12月14日、12月26日-1月1日、1月4日

入場料

一般1,000円、 大学生500円
※特別展は別途事前予約(日時指定券)および観覧料が必要です。
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。

会場

東京国立博物館 東洋館

住所

東京都台東区上野公園13-9

アクセス

JR上野駅(公園口)、鶯谷駅(南口)下車徒歩10分

主催

東京国立博物館、マレーシア・イスラーム美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP