【開館55周年記念特別展】
速水御舟と吉田善彦 ―師弟による超絶技巧の競演―

恵比寿駅 | 山種美術館
開催期間:2021.09.09〜2021.11.07

本展において、御舟の作品では、近年の調査で西洋の顔料を使っていた事実が判明した《和蘭陀菊図》をはじめ、金砂子を地一面に使う「撒きつぶし」を用いた《名樹散椿》【重要文化財】、本人曰く「二度と出せない」色彩を用いた《炎舞》【重要文化財】など、また善彦の作品では、「吉田様式」を初めて用いた《桂垣》や、この技法を熟達させた《大仏殿春雪》、《春雪妙義》などを展示し、二人の代表作をはじめとする優品を紹介します。

御舟と善彦は、ともに伝統的な技法を土台に精緻で独創的なアレンジを加えて、それぞれ唯一無二の画風を確立した画家です。本展を通じ、御舟と善彦の師弟が追求した超絶技巧の世界をご覧ください。

展覧会名

【開館55周年記念特別展】
速水御舟と吉田善彦―師弟による超絶技巧の競演―

会期

2021.09.09〜2021.11.07

開館時間

平日:10:00~16:00
土・日・祝日:10:00~17:00
※入館はいずれも閉館時間の30分前まで
※今後の状況により、会期・閉館時間などは変更される場合あります。最新情報は美術館公式サイトをご確認ください。

休館日

月曜日(ただし、9/20は開館)、9/21

入場料

一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生以下無料(付添者の同伴が必要です)
※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)1100円、左記いずれかのうち 大学生 ・ 高校生900 円

【きもの特典】
きものでご来館された方は、一般200円引き、大学生・高校生100円引き

★複数の割引、特典の併用はできません。
★入館日時のオンライン予約ができます。詳しくは美術館公式サイトをご確認ください。

会場

山種美術館

住所

東京都渋谷区広尾3-12-36

アクセス

JR恵比寿駅・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩約10分

主催

山種美術館、日本経済新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP