生誕200周年記念 森川杜園展

奈良県立美術館
開催期間:2021.09.23〜2021.11.14

奈良県出身の彫工・森川杜園(もりかわ・とえん 1820-1894)は、奈良の伝統工芸の一つ・奈良人形(一刀彫)の名手として知られています。また、明治期には正倉院宝物をはじめとする県下の名宝の模写・模造にも取り組み、国内外の博覧会で受賞を重ねるなど、日本の彫刻史に確かな足跡を残しました。
生誕200周年を記念する本展では、杜園の卓越した技術が発揮された名品の数々を展示し、その魅力溢れる造形世界を紹介いたします。
【前期】9/23(木)~10/17(日)
【後期】10/19(火)~11/14(日)

展覧会名

生誕200周年記念 森川杜園展

会期

2021.09.23〜2021.11.14

開館時間

9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(ただし11月1日と11月8日は開館)

入場料

一般800円、大・高生600円、中・小生400円
*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため団体料金の設定はございません。
*身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方 1 人、外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方は無料でご観覧いただけます。

会場

奈良県立美術館

住所

〒630-8213
奈良県奈良市登大路町 10-6

お問い合わせ

0742-23-3968

アクセス

・近鉄・奈良駅 1番出口から奈良公園に向かって徒歩5分
・JR・奈良駅 東口バス乗り場から奈良交通バスにて5分「県庁前」下車 100メートル

主催

奈良県立美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP